fc2ブログ
060503-001.jpg
「汐留☆イベント部」(2006年5月3日放送より引用)

2006年5月3日、26時14分~26時29分放送。

この番組は、2005年10月5日(水)に放送開始。日本テレビ、毎週水曜日深夜、25時29分~25時44分に放送しているイベントなどを紹介する15分番組です。
日本テレビのダメ社員(という設定)と、それを統括する部次長(日本テレビ女子アナ)が、イベントを紹介するというコミカルなコント仕立ての構成となっています。
出演は、お笑いタレントの、神奈月さん、原口あきまささん、堀口文宏さん(あさりど)、ホリさん、はなわさん、杉上佐智枝アナ(日本テレビ)(初代の部次長役は、3月末に寿退社した小野寺麻衣さんでした。)台本はあるのですが、その場の雰囲気で「アドリブ」や「プチだまし」もあるようです。(小野寺麻衣さんは、かなり「プチだまし」されていました。)
関東ローカルでしかご覧になれない番組ですが、その雰囲気だけでもお楽しみください。

「美術・コンサート・舞台・・・、そんな華やかなステージを扱うセクションが汐留のテレビ局にあった。その名はイベント部。でも、その汐留から遥か遠く離れた地に、落ちこぼたアホ社員たちが、島流しされた哀れな分室があった。」それは、「汐留☆イベント部。」

出演
神奈月さん(神奈月課長、窓際生活31年、神経衰弱症、モノマネ依存症)
原口あきまささん(原口係長、入社11年、昨年(2005年)10月、突然の左遷人事で分室へ)
堀口文宏さん(あさりど)(堀口社員、平社員、入社11年、ゴマすり社員、超M男が入っている)
ホリさん(ホリ社員、新婚、無能社員、モノマネ芸は天才級が入っている)
はなわさん(はなわ社員、途中入社、ガテン系社員)
杉上佐智枝アナ(杉上部次長、入社6年目、極度に頑強な肉体&多重人格)

○ゴールデンウィーク真っ只中、ガランとした室内にポツリと机に座っている原口係長。
原口係長「杉上部次長は、どうして俺だけ仕事を振らないの?イベント部にとってGWは、かき入れ時のはずでしょ?汐留でのイベント。各地で行われている舞台。コンサート。展覧会。猫の手も借りたい位、忙しいはずなのに、なんで俺だけヒマなんだ。」
 そこへ、堀口社員が入ってくる。
堀口社員「羨ましいな~。」
 原口係長に歩み寄り
堀口社員「杉上部次長は、原口くんを放置しているんでよ。そして楽しんでるんだよ!イイなあぁ~。」
原口係長「どういう事?」
堀口社員「つまり放置プレイだよ。」
原口係長「いつでも代わりますよ。」
堀口社員「あっ、い~っ、だめだめ、こういうのはね。自分からガツガツ行っちゃダメなのよ。あくまでもね。我々は、受身でなきゃいけないんだよ。」
原口係長「我々ってどういう事ですか?」
堀口社員「(着ているベストのMを指して)Mだよ。ドM!」
原口係長「アンタだけでしょ!」

060503-002.jpg
「汐留☆イベント部」(2006年5月3日放送より引用)

 そこへ、はなわ社員とホリ社員が入ってくる。
ホリ社員「だだの放置プレイですかね?まぁ、仕事を奪って無視をする。多分、アレの前フリですね。」
はなわ社員「あっ!」
原口係長「アレって何?」
ホリ社員「(木村拓哉さん風に)リ。」
はなわ社員「(松井秀喜さん風に)ス。」
ホリ社員「(中尾彬さん風に)ト。」
はなわ社員「(小林旭さん風に)ラハッ。」
原口係長「チョッと待って、リストラハッって何だよ!」
堀口社員「リストラの事?」
原口係長「わかったの?」
堀口社員「リストラだよ。」
原口係長「えっ!?」
 みんな騒ぎ出す。原口係長、脈絡も無く慌てて机の引き出しに手を挟み。
原口係長「(稲川淳二さん風に)アタッ、アタタッ、アタタッ、アツッ、熱ッ、熱ッ!」
全員「怖いな~。怖いな~。」
「イェヤァァ~!」突然、神奈月課長が登場して原口係長に蹴りを入れる。「イェヤァァ~!」そして、もう一発。
全員「課長!」
堀口社員「今日は武藤さんですか?」
「あっ!」神奈月課長、急にヒザをかばい始める。
堀口社員「ヒザ大丈夫っすか?」
神奈月課長「おい!原口、お前、何やってんだよ。お前。サラリーマンがリストラなんて気にすんな!お前。」
原口係長「一番気にするとこでしょう!」
神奈月課長「強気にガンと出ようよ、お前。」
原口係長「ガンとなんて行けないですよ。だって。」
神奈月課長「その点、ホリくんなんか、もの凄い強気だよ。ねえ、はなわくん。」
はなわ社員「今日限りでクビ!」
ホリ社員「(金八先生風に)はなわは、死ねばいいんだよ。お前は、惨殺されればいいんだよ。」
堀口社員「この気持ちだよ!」
神奈月課長「俺みたいに気合入れろよ、いいか?「イェヤァァ~!」
原口係長「イェヤァァ~!」
全員「イェヤァァ~!」
神奈月課長「今日はココから。」
全員「イェヤァァ~!」
 イベントの告知へ。

○全員が、神奈月課長と気合を入れていると、杉上部次長が入ってくる。

060503-003.jpg
「汐留☆イベント部」(2006年5月3日放送より引用)

堀口社員「あっ、来た。来た。」
杉上部次長「何やってるの?次の現場に行きなさい。」
原口係長「部次長、何で僕だけ仕事を振ってくれないんですか?」
杉上部次長「・・・。」
原口係長「それって、あれ?もしかして、あれ、僕を、あの、辞職に追い込もうとしてるんじゃないんですか?イェヤァァ~!」(杉上アナ、スタッフ、笑い)
堀口社員「もう俺、我慢ならねぇっす!部次長。何で原口君ばっか冷たくして、俺には冷たくしてくんないっすか?」
杉上部次長「どういう事よ?」
堀口社員「(杉上アナの手を取り)お手を拝借!!」
堀口社員、自分のアゴをつかませ「ア、ア」。舌ベロを出して杉上部次長の手を舐めようとする。手を払いのける杉上部次長。
堀口社員の攻撃は続き、
堀口社員「部次長、最後にデンブに一発ください!」
 そこに、神奈月課長が入って来て、中途半端な体勢のプロレス技で堀口社員を落とす。アゴを打つ堀口社員。

堀口社員「課長、もう二度とやらないで下さい。!」
 イベントの告知へ。

○杉上部次長、紙の筒で素振りをしている。それを見守る部員たち。

060503-004.jpg
「汐留☆イベント部」(2006年5月3日放送より引用)

堀口社員「部次長、俺達を斬る気マンマンじゃん。」
ホリ社員「ここだけの話、あの腰の細さじゃ、あんまりダメージ無いと思うんですよね。その点、前の部次長(小野寺麻衣さん)は、結構、下半身、安定してましたから。」
堀口社員「ドシっとね。」
はなわ社員「ちょっとコレ、俺が教えてこようかな。」
堀口社員「余計な事すんなよ。気をつけろ。気をつけろ。」
はなわ社員「部次長、ちょっと、あの~、一回斬り方を、僕がちょっと教えさせてもらっていいですかね?」
杉上部次長「ありがとう。」
はなわ社員「こう入ってきますよね。ここを、こう持ちまして、ヘルメットをこう(完全に松井選手が打席に入るポーズ)構えて、ココです。ここで審判に、・・・初球は見逃します。」
堀口社員「斬れよ!早く!」
 はなわ社員、思い切り振る。「ブーン。」筒の手元が折れている。
はなわ社員「これからお願いします。」
杉上部次長が筒を振る。
全員「お~っ、いいすね。」
杉上部次長「ちょっと、曲がんなかったわ。」
堀口社員「実際に、今度はボールが来た感じで、ちょっとやった方が良いと思うんで、あの、僕がボールやりますんで。」
ボールが来ました。杉上部次長、堀口社員のおしりを思いっきり打つ。
掘口社員「来た~っ!」
おしりを打たれ前進すると、神奈月課長が待ち構えていて、また、プロレス技で投げ飛ばす。「グキッ」。
堀口社員「課長!二度と触るなって言ったじゃないすか!」
神奈月課長「イェヤァァ~!」
 イベントの告知へ。

堀口社員「やっぱり刀使いは、課長が一番うまいんですよ。」
神奈月課長「イェヤァァ~!」
堀口社員「ですから、部次長に刀の使い方を教えてやって下さい。そして、部次長と一戦交えてください。」

060503-005.jpg
「汐留☆イベント部」(2006年5月3日放送より引用)

神奈月課長、紙の筒で色々と遊び倒す。
堀口社員「もういいっす。」

イベントチラッシュの紹介へ。

内容は、放送されたものを、採録して再構成しています。

ブログランキングにご協力くださ~い。


クリックしてね。

にほんブログ村 テレビブログへ
クリックしてね。

d_03.gif
クリックしてね。
スポンサーサイト