上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
army01.jpg
「特攻任侠自衛隊」
1977年作品 騒動社製作
16ミリ モノクロ
イラク派遣延長問題や、将来、憲法改正で自衛隊が自衛軍になるとか?、また、防衛庁が防衛省に昇格されることが検討されていますね。映画界では「戦国自衛隊1549」がリメイクされたりと今年は自衛隊の存在がクローズアップされました。近い将来、人口減少や少子化によって自衛隊に入隊する若者がいなくなったら徴兵制になるかも?
 さて、「自衛隊」繋がりということで今回は、テレビマンが観た映画の中からとてもマニアックな作品を紹介しましょう。その作品はメジャーなものではなく自主制作映画です。1977年に自衛隊を題材にした「特攻任侠自衛隊」という作品です。この作品は自主制作されたものですので多分、大手の映画館では上映されていないと思います。だいぶ昔にテレビマンもレンタルビデオ屋さんで借りて観ました。    
キャッチコピーは「やくざだって国だって、コケにされたらおしめえだ。このままほっておいたんじゃ日本人の血が腐る。」作品の完成度ばお世辞にも高いとは言えませんが、テレビマンとしては嫌いな作品ではありません。尚、この作品はDVDとしては発売はされていません。過去にビデオ化されていると思いますのでご興味のある方は探してみてください。
army02.jpg

解説

本編は「実録たまご運搬人 警視庁殴り込み」1975年
   「北千寿劇場」1976年
以降、一年余の製作日数を要し、映画ファンの皆様に送る大戦争娯楽巨編の決定版であります。
製作、飯島洋一、監督、土方鉄人のゴールデンコンビにより「アクマストッキング」シリーズ第3弾として、戦争映画ファンだけでなくやくざ映画ファンの方々にも喜ばれるものであり、歴代の戦争映画の中でも特筆すべき作品となりましょう。
 主な出演者及びスタッフの計50名は75年夏、退役自衛官の指導の下、寸又峡下流20キロの中部山中に特訓合宿を行い、この映画の迫真的アクションを生み出し、また音楽は高橋照幸「休みの国」が担当し熱気とドキドキする迫力の戦争巨編はここに堂々と完成に至りました。
army03.jpg

物語

サケ・マス漁場の紛争を契機に、日本と北方の蛮国「ケロス」との関係は極度に緊張していた。
 日本侵略を密かに狙う「ケロス」は、陸上自衛隊ケロス派分子の松田純元一佐を首領とする反乱軍を組織し、虎視耽耽と機会を伺っていた。
 一方、弱腰の日本政府は北方領土の一部を献上する事によって、この危機を乗り切らんとしていたが、この措置に不満の防衛庁タカ派幹部は警務隊安藤力男二尉に反乱軍討伐を命じた。しかし、作戦の性格上正規軍は一兵たりとも使う事は出来なかった。
 博徒、三橋組系花井組組長、花井光治等数十名の命知らずを雇うことに成功した安藤は短期間のうちに彼等を優秀な「コマンド」に育成すべく某訓練所に終結させたが、所詮ならず者、朝に晩に喧嘩が絶えなかった。そんな極道達をおとなしく出来るのは、雷電二曹をはじめとする頑強な下士官達であった。白瀬三尉等の指導の下に彼等も除に兵隊らしくなり跡営一佐訓練所長も胸をなでおろした。そんなある日、突然、襲撃したゲリラを苦戦しつつも撃退した「コマンド」達を見た安藤は遂に出撃を決意し、特別に一日の休暇を与えるのであった。
 三橋組、組長の三橋幸三に別れを告げた花井は、兄弟分の立花秀次郎や仲間と酒場へ行くと、おりから抗争中の誤摩擦組、組長、佐藤栄介達の殴り込みをうけたが、天明会、会長、藤沢典明の仲裁でことなきをえ、急ぎ隊に帰還し出撃準備を整えた。
 出撃した討伐隊を待っていたのは予想以上の手強い反乱軍の奇襲であった。虚を衝かれた雷電隊は全滅。白瀬隊も早くも危機を迎えた・・・。

出演

花井光治・・飯島洋一
安藤二尉・・土方鉄人
雷電二曹・・山岸勉
三橋組組長・・三橋修
誤摩擦組組長・・佐藤重臣
天明会会長・・藤沢典明
army04.jpg

多分、この作品の下地になったのは「特攻大作戦」1967年製作 アメリカ映画 MGM映画配給、だと思います。物語は「特赦作戦」で死刑囚や長期刑を宣告され服役している元兵隊12人を選び出し徹底的に訓練し作戦を決行するというものです。正規の兵士ではなく「特攻大作戦」では囚人であり「特攻任侠自衛隊」ではやくざに置き換えています。
 翌年、同じく自衛隊を題材にした松竹映画製作の「皇帝のいない八月」(1978年9月23日公開、140分 カラー作品) は自衛隊のクーデターの話でした。

解説、物語は「特攻任侠自衛隊」の宣伝用チラシより引用しました。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://terebi.blog38.fc2.com/tb.php/15-b94b372b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。