上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「あさ天、サタデー(日本テレビ)」
2006年6月24日(土)、5時00分~5時59分放送。

MC、斉藤まりあアナ(日本テレビ)。
気象予報士、杉江勇次さん。

 6月22日に放送された「クチコミ!」(TBS)でも「ゆかた」を特集していましたが、「あさ天サタデー」の「知ってナッ得」のコーナーでも「2006最新浴衣事情」を紹介していました。まだ梅雨だと言うのにファッション業界は夏商戦真っ盛りといったところでしょうか。日本情緒を感じる数少ないアイテムとしてのゆかた。今年流行のゆかたを着て、デートや花火大会にデビューするのも良いかもしれません。(リポートは斉藤まりあアナです。)

今回、番組が紹介したのは・・・

(1)伊勢丹 新宿店(7階)
都内最大級の売り場面積で約1,500種類のゆかたを取り揃えています。

担当者曰く「今年のゆかたの傾向は「ブランドゆかた」が流行しているとのこと。」
そこで、「ブランドゆかた」を紹介していました。

①「ANNA SUI(アナスイ)」(注1)
歌手の浜崎あゆみさんが雑誌で着ていたことで大注目されています。一般的には香水などの化粧品で有名なブランドです。

asaten0624-1.jpg
「あさ天サタデー」(2006年6月24日放送より引用)
「ANNA SUI ゆかた」(31,500円)

ANNA SUI」HP


②「Moe Oshikiri(モエ オシキリ)」
ファッション誌「CanCam」の専属モデルをしている押切もえさんがプロデュースして商品化されたブランド。

asaten0624-2.jpg
「あさ天サタデー」(2006年6月24日放送より引用)
「Moe Oshikiri(モエ オシキリ)」(28,350円)
合わせたいのが「ノッテディベルタ(鼻緒サンダル)」(28,350円)
※「ノッテディベルタ」
「夜の美女」という意味の伊勢丹オリジナルブランド。ファッション感度の高い、本物志向の大人の女性向の商品。

モエ オシキリ(Moe Oshikiri)

(2)新宿タカシマヤ
売り場には現在2,500枚のゆかたを取り揃えていますが6月30日には4,000枚に。

お薦めは、

①タカシマヤ オリジナル「ディズニープリンセスゆかた」(各34,650円)

asaten0624-3.jpg
「あさ天サタデー」(2006年6月24日放送より引用)

②高級食器メーカー「ミントン」(注2)のお皿にデザインされている花柄をゆかたに使用。

asaten0624-4.jpg
「あさ天サタデー」(2006年6月24日放送より引用)
「ミントンゆかた」(29,400円)
「下駄」(9,240円)

③ジャンポールゴルチェ(Jean Paul GAULTIER)・ファム ゆかた」(39,900円)「帯」(10,290円)

※「ジャンポールゴルチェ(Jean Paul GAULTIER)・ファム」=ジャンポールゴルチェのレディスウェア全般のこと。

asaten0624-5.jpg
「あさ天サタデー」(2006年6月24日放送より引用)

④タカシマヤ オリジナル「カオスゆかた」(45,150円)
「オビスチェ」(26,250円)

※バッグやアクセサリーのブランド「Kaos」のデザイナー、角(すみ)香織さんによる浴衣。

今回、番組でご紹介したものは、それぞれのオリジナル商品が多いですが、「東京まで行けないよ!」という貴女には楽天オンラインショップでも一部「ブランドゆかた」を取り揃えています。

Moe Oshikiri yukata「モエ オシキリ」ゆかたコレクション押切もえプロデュースの浴衣!全国一...
「モエ オシキリ」ゆかたコレクション


タカシマヤ「ゆかたまつり」
番組で紹介していた商品を取り揃えています



※オンラインショップの商品は番組で紹介したものとは違う場合があります。


資料
「ANNA SUI 」
「アナスイとは、1980年にアナ・スイがニューヨークでシグネチャーラインを発表したことに起源を持つブランドのこと。
 アメリカのミシガン州デトロイトに生まれたアナ・スイ(ANNA SUI)は、パーソンズ・スクール・オブ・デザイン出身であり、80年にシグネチャーラインを発表。ニューヨークタイムズ掲載広告に採用されるなど注目を集める。アナスイは91年にコレクションデビューをする。92年ニューヨークソーホーにショップをオープンさせ93年にはCFDAアワードの新人賞にあたる「ペリーエリス賞」を受賞した。98年にはコスメアイウェアを発売し新しい「ストリート・コスメティック」というメイクを確立した。
アジアテイストを交えたかわいさを追求するアナスイは、多くの層の純真な乙女心をとらえ、圧倒的な人気を集めている。蝶のボトルのスイ・ラブなどのデザインは有名である。」(『生活の知恵の輪Z』より引用)

(注2)「ミントン」

「ヴィクトリア女王が「世界でもっとも美しいボーン・チャイナ」と絶賛したミントンの創業は、1793年。創業者は、ロンドンやストーク・オン・トレントで活躍した彫刻家でデザイナー、トーマス・ミントンである。
 ミントンの名を広く知らしめたのは、企業家として有能だった二代目ハーバードである。父トーマスが追求した芸術性を重視しながらも、工場の近代化や人材確保に努めました。この時代に大理石のような輝きを持つパリアン磁器、金を腐蝕させて文様を浮き彫りにするアシッド・ゴールド、金を立体的に盛り上げていくレイズド・ゴールドなどの技法が開発される。そして、1851年大英博物館はじめ、内外の博覧会で高い評価を獲得していったのです。
 惜しみなく金を使い、嗜好をこらした「シュルズ・ベリー」「ダイアデム」などは貴族趣味の極致ともいえる逸品。現在でも王室や貴族、上流階級の人々の間で人気が高い。
 一方、ミントンのもう一つの顔ともいえるのが第二次大戦後間もなく発表された「ハドンホール」である。イギリス陶磁界に多くの足跡を残したジョン・ワズワースの代表作でもある。ダービーシャーにある壁画とタピストリーにヒントを得て、ワズワースが、一夜にして完成させたというエピソードが残っている。」参考文献 イギリス洋食器の旅
(「いい家具ネット(有限会社伊藤家具)」HPより引用)


クリックしてね。

にほんブログ村 テレビブログへ
クリックしてね。

d_03.gif
クリックしてね。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://terebi.blog38.fc2.com/tb.php/172-549faae9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。