上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「所萬遊記」
TBS、2006年9月22日(金)25時25分~25時55分放送。

番組も残すところあと2回。1年半の間に色々なことをやって来たこの番組ですが「アレどうなりました?」ということで「すっかり忘れ去られたアレや」「幻のラーメン」など、ドド~ンと一挙に大放出!!
今回は、その中でも大好評だった「幻のうぐいす饅頭」のその後を、先行して少しご紹介します。

○オープニング

番組開始、早々、「蛍の光」のテーマ曲が流れて・・・。
所さん「もう。あと2回で終わりだからってね。こうやってずっと初めから「蛍の光」かけることはないだろ!」
 そんな言葉で始まった、今回の「所萬遊記」は、過去に「やったこと」「もの」「人」など、忘れ物のその後を振り返ります。

キーワード「大評判でした。」
#60、#61「幻のまんじゅう(うぐいす饅頭(8個、900円)」

みんなで、その味を確かめていると、福島から所さんへ「ビデオレター」が届いているということで見てみることに。

「幻のうぐいす饅頭を作った職人、酒井左善さん」から

酒井さん「所さんね。この前、ロケやってからね。だいぶ旅館の方で売り上げがいいようです。今日も土曜日なんですけどね。最近、土日休みなしで作ってます。私もね。病気やりまして仕事の限界っていうのがあるんです。いくら頼まれてもね。大体160~200個くらいしか、普通、作れませんので。それでね。今のところ、どうにか間に合ってます。
その限界を超えるとね・・・「あんた逝っちゃいますよ。」って言われますんで。これもお客様に左右されますけども。限界がありますんで・・・。「ありがた迷惑って言っちゃ失礼ですけどね。」」
一同「アハハハ。」
所さん「おもしろい!このビデオレターいいよね!」
中島さん「素敵ですね。」
大竹さん「あの時(ロケ)も言ってましたよね。「そんなにやりたくねー。」からって。」
N「ところで、やり残したことって何ですか?」

 放送では、「このお饅頭の作り方を引き継いで。」ということになっていたのですが・・・。所さんも、今、やる事がたくさんあって、現状では無理ということです。
 しかし、レシピを聞いているので、酒井さんに後継者がなかった場合は、「誰か探してやらせます。」とのこと。
大竹さん「手伝ってあげないと本当、逝っちゃいますから!」
N「左善さん。決して無理することなく、うぐいす饅頭を作り続けて下さい。」

この後、「幻のラーメン」の登場など、盛りだくさんの内容になっていますが、次回、ご紹介いたします。

※内容は、放送されたものを採録して再構成しています。



クリックしてね。

にほんブログ村 テレビブログへ
クリックしてね。

d_03.gif
クリックしてね。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://terebi.blog38.fc2.com/tb.php/256-bbfb1d67
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。