上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
kaizoku.jpg
「TV海賊チャンネル」
1983年4月から86年3月まで続いた民放各局の土曜深夜の過激な深夜番組戦争は日本テレビの「TV海賊チャンネル」の終了とともに終焉となります。
 当時、お気楽な肩の凝らない娯楽としての「深夜番組」は、現代のようなAV作品がレンタルビデオ店で気楽に借りられるような状況ではない時代には大人の唯一の楽しみでした。(土曜日ということで未成年でも親に隠れて見ていましたが)
 この番組も御多分にもれず、かなりエッチな番組でした。生放送を主体にロケのVTRを織り交ぜながらスタジオでのハプニングを期待しつつ固唾を呑んでTVにかじりついていた記憶があります。TVに登場する女性は、当時としては映画館のスクリーンでもおなじみの日活ロマンポルノの女優さんだったり「プレイボーイ」や「平凡パンチ」など雑誌で活躍していたセクシータレントさんでした。
kaizoku02.jpg

 放送批評(1985年3月号)の特集記事テレビの創る世界「土曜深夜のカゲキな戦い」で当時の著名人の方々が論争していますが「ミッドナイトin六本木」(テレビ朝日)、「オールナイトフジ」(フジテレビ)、「ハロー!ミッドナイト」(TBS)と各局、嗜好を凝らした企画で日本の深夜をエキサイトにしていました。当時は、VTRなどの録画機器が普及しておらずリアルタイムで視聴するしかありませんでした。(臨場感のある番組で時間を共有している興奮がありました。)若者にとってはあこがれと妄想が入り混じった体験をする思いであり写真ではなく動画としての満足感がありました。
 担当のプロデューサーが語っていますが、「この番組のコンセプトは、すでに先行して放送されていたフジテレビの「オールナイトフジ」から遅れること1年半の準備期間を経て、それまでフジテレビがとっていた素人の女子大生を出演させる方法よりも、それを上回るお色気路線を打ち出すことによって視聴者を獲得する。」ことが求められていたのです。
kaizoku01.jpg

 今回、テレビマン所有のVTRから発見された1985年5月25日放送分の「TV海賊チャンネル」においても、当時、日活ロマンポルノに出演していた「小田かおる」さん「青木琴美」さん「井上麻衣」さんを「ピンクキャンディーズ」として出演させるなど、かなりお色気を意識したものとなっています。また、その他に出演している女性陣も「ペントハウス」ギャルを配するなどメインMCとそれを取り巻くギャル軍団の構図はこの番組の常套手段だったのかもしれません。ちょっとエッチなギャル軍団の存在は、この放送を視聴している10代から20代の若者にとっては性の対象としては格好の材料となったに違いありません。少し綺麗なお姉さんがエッチな格好で画面に登場するだけで楽しいのは今も昔も同じです。悶々とした深夜の一服の清涼剤としてのお色気番組はかつて大人向けの番組として大評判であった「11PM」を彷彿とさせるものがあります。青春の1ページとして記憶に残るもの。しかし、悲しいかな、それぞれの記憶の中に存在するこれらの番組も時間の経過とともにみんなの記憶から忘れ去られることになるのもTVの宿命なのかもしれません。TVという媒体はそれ自身は反復することのできない一過性のものでありそれを視聴したもののみが共有するものです。(本文中、行政通信社発行の「放送批評」1985年3月号を参照及び引用している部分があります。)


kaizoku03.jpg
メインのMCを務める所ジョージさんとアシスタントの熊谷真美さん

★構成内容★(1985年5月25日の放送より)

冒頭部分は録画がありませんので内容の確認ができませんでした。

(1)瀬田よしみの「お灸コーナー」
(2)ピンクキャンディーズ(小田かおる・青木琴美・井上麻衣)が「背中に御用心」を歌う。
(3)PENTHOUSE GALの「お嫁に行きたい素人ギャル」
(4)晋也の部屋「ハードボイルドについて」
(5)所ジョージの歌
(6)読売新聞「あすの朝刊」で読売新聞の金行章輔さんとタレントの市川かおりさんが朝刊のニュースを紹介
(7)「帰ってきた幻のコメディアン」内藤陳さんがショートコントを演じていました。
(8)越前屋俵太と滝川真子の「鬼退治」ということで今日は東急目蒲線・下丸子駅前に出没!
(9)みんなで深夜の競馬予想「第52回日本ダービー」の予想をしていました。
(10)コンピューターの馬券予想とLAOX提供のテレビゲーム紹介
(11)マリーお姉さんの「English Time」
(12)ヨーコの「愛の宅配便!出前!イッてみるく?」
(13)「VOID TIME」今井由利香先生の占いコーナー
(14)歌のコーナー香川ゆりの「心の傷あと」
(15)プレゼントコーナー(エンディング)

★日本テレビ★
「TV海賊チャンネル」1984年10月6日~1986年3月29日(23時55分~)

★TBS★
「ハロー!ミッドナイト」1984年10月6日~1985年3月30日(24時05分~)

★フジテレビ★
「オールナイトフジ」1983年4月2日~1985年3月30日

★テレビ朝日★
「ミッドナイトin六本木」1984年10月6日~1985年9月21日(24時10分~26時00分)

映像は「TV海賊チャンネル」1985年5月25日の放送より使用しております。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://terebi.blog38.fc2.com/tb.php/28-94d715eb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。