上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.12.29 「落下女」
rakka-onna.jpg
「落下女」(2005年10月4日放送より)
日本テレビ系、火曜日(23時25分~23時55分)に装いも新たに登場した「落下女」は以前、「バリューナイトフィーバー」(土曜日の深夜放送枠で前編と後編の2回放送されました。)で放送されたパイロット版とは対照的にパワーを感じません。
 元々のコンセプトは「若手芸人の中でもブサイクと言われる男性メンバーを起用して出演者が考えるそれぞれの女を落とす理論に基づきシュチュエーションコントを展開する。」というものでした。
 今回、新たにメンバーとして「アンガールズ」さんと「南海キャンディーズ」さんが加わり、番組自体も60分から30分に短縮された格好になりました。当然、30分の時間の枠には全部の出演者のネタは納まらず細切れ状態になっています。そのことにより内容が散漫になり統一感がなくなってしまいました。この番組の持ち味は、「ブサイクと憧れの女性のミスマッチが笑いを誘う」ことであり、男なら誰でも抱く妄想の世界です。前作では出演者を男性タレントに限定していたことによる男の願望的内容に仕上がっていましたが、今回、「南海キャンディーズ」の「しずちゃん」が加わったことにより方向性が変わり当初のコンセプトとかけ離れた内容になっています。やはり、企画ミスの印象は拭えません。また、放送時間が早まったことによる視聴率を意識したキャスティング(人気上昇中のアンガールズ」さんと「南海キャンディーズ」さん)ミスやトーク部分で「天の声」ということで「若槻千夏」さんを起用していますが、ポジションが曖昧であまり意味のないものになっているなど裏目に出た格好です。
rakka-onna03.jpg
「杏さゆり」さん(2005年10月4日放送より)
rakka-onna02.jpg
「新垣結衣」さん(2005年10月4日放送より)
ただ、救いとなるのは新たに「新垣結衣」さんを起用したことです。今まで演じてきた「杏さゆり」さんとは違ったバリエーションが楽しめるようになった事が視聴者に期待を持たせる要因になっています。未知数ではありますが今後の彼女の活躍に期待したいと思います。


「バリューナイトフィーバー」とははまだまだ眠らない夜「バリューナイト」に次にゴールデンを狙うべく日本テレビのクリエーター達が新企画をどんどんお届けする時間です。」(日本テレビ「落下女」HPより抜粋)

「落下女」とは「選りすぐりのブサイクな芸人たちが「こうすれば女の子は落ちるはず」という方法(完全な妄想)をコントやロケVTRでご紹介。トーク部分ではスタジオに素敵な女の子が実際に「落下」して登場します。ブサイク芸人たちと面白トークを展開します。」(日本テレビ「落下女」HPより抜粋)

「落下女(前編)」2005年4月16日25時20分~26時20分
「落下女(後編)」2005年4月23日24時50分~25時50分
出演者・・・ドランクドラゴン(鈴木 拓・塚地武雅)、おぎやはぎ(小木博明・矢作 兼)、バナナマン(設楽 統・日村有紀)、ラーメンズ(片桐 仁) 杏さゆり


出演者の所属事務所

ドランクドラゴン(人力舎) おぎやはぎ(人力舎) バナナマン(ホリプロコム)ラーメンズ(トゥインクルコーポレーション)南海キャンディーズ(吉本興業)
アンガールズ(ワタナベエンターテインメント)杏さゆり(インターアクト)新垣結衣(レヴィプロダクションズ)若槻千夏(プラチナムプロダクション)

「バリューナイトフィーバー」で放送された「落下女」(前編・後編)は株式会社バップよりDVDで発売されています。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://terebi.blog38.fc2.com/tb.php/29-97b370cb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。