fc2ブログ
「汐留☆イベント部・分室」
2006年12月6日(水)25時45分~26時00分放送。

日本テレビのダメ社員(という設定)と、それを統括する部次長(日本テレビ女子アナ)が、イベントを紹介するというコミカルなコント仕立ての構成となっています。
「美術・コンサート・舞台・・・、そんな華やかなステージを扱うセクションが汐留のテレビ局にあった。その名はイベント部。でも、その汐留から遥か遠く離れた地に、落ちこぼたアホ社員たちが、島流しされた哀れな分室があった。」それは、「汐留☆イベント部。」
出演
神奈月さん(神奈月課長、窓際生活31年、神経衰弱症、モノマネ依存症)
原口あきまささん(原口係長、入社11年、昨年(2005年)10月、突然の左遷人事で分室へ)
堀口文宏さん(あさりど)(堀口社員、平社員、入社11年、ゴマすり社員、超M男が入っている)
ホリさん(ホリ社員、新婚、無能社員、モノマネ芸は天才級が入っている)
はなわさん(はなわ社員、途中入社、ガテン系社員)
杉上佐智枝アナ(杉上部次長、入社6年目、極度に頑強な肉体&多重人格)
スザンヌさん(スザンヌ(アルバイト))

○第60話「サムライ」

○いつもの平穏なイベント部・分室

「パッパカ。パッパカ。」何処からか馬の蹄の音。
堀口社員「お~っ!?この音は?」
原口係長「もしかして!?」
窓に歩み寄る部員たち。
一同「あ~っ!!」
見ると道路の向こうから神奈月課長が馬に跨り刀を構えて、こちらに向かって来る。
神奈月課長「ファ~ッ!」
「パッパカ。パッパカ。」
神奈月課長「ファ~ッ!」
丁度、通りかかったオートバイの男性に。
神奈月課長「ファ~ッ!」
オートバイが走り去る。それを追いかける神奈月課長。
しかし、途中で立ち止まり目頭を押さえて泣く神奈月課長。
神奈月課長「ファ~ッ!」
分室の窓では
ホリ社員「何で泣いてんの?」
スザンヌさん「何だか悪い予感がします。」
×  ×  ×
神奈月課長「ハ~ッ!!」
勢い良く入ってくる神奈月課長。
神奈月課長「ハァ~ッ!!」
堀口社員「課長!」
神奈月課長「This is シルバーホース!!」
堀口社員「課長。課長。ちょっと。何があったんすか?」
神奈月課長「あぁ。あの方がお亡くなりになられた・・・。」
スザンヌさん「でも課長。あの方ってどの方ですか?」
神奈月課長「306年前。西暦1700年。セブンティーンハンドレッド。・・・合っているのか?イングリッシュは?」
ホリ社員「そうです。306年前。西暦1700年ですけども。」
神奈月課長「(全員に)知らないのか?」
一同「・・・。」
神奈月課長「水戸光圀公だ!!」
苦笑するホリ社員。
神奈月課長「(突然)ハァ~ッ!!」
「ブスッ!」
おもちゃの短刀をはなわ社員の胸に刺す。悶絶して倒れるはなわ社員。
堀口社員「あ~っ!大丈夫か~っ!!」
神奈月課長「大丈夫か?」
今度は自分の腹を刺す神奈月課長。「ブスッ。」
神奈月課長「ア~ッ!!」
スザンヌさん「ア~ッ!!何で!?」
意外な展開に驚く一同。
神奈月課長「ア~ッ。・・・(何事もなかったように)大丈夫!」
一同「アハハハ。」
「大丈夫か?」床に倒れている、はなわ社員をみんなで起こす。
スザンヌさん「でも悲しい事ばっかじゃないですよ。今日は何と12月6日。保田 圭ちゃんの誕生日です。」
神奈川月課長「保田 圭!?」
スザンヌさん「車だん吉さんも誕生日です!」
神奈月課長「ふああぁあ!!・・・車三つか!」
一同「いや。いや。いや。」
ホリ社員「それだったら「轟」になっちゃうから!」
堀口社員「(車は)一台。一台です。」
スザンヌさん「キダ・タローさんも誕生日です。」
神奈月課長「キダ・タロー??・・・苗字は何だ?」
一同「キダでしょ?」
スザンヌさん「キダで~す。」
神奈月課長「中村キダ・タローかと思った。」
堀口社員「違いますよ。」
神奈月課長「よし!!分かった!(原口係長に)お前は保田 圭。(堀口社員に)お前は轟 だん吉。」
堀口社員「いや。車2台どかしてって!」
神奈月課長「(はなわ社員に)そしてお前は中村キダ・タロー。」
ホリ社員「中村は関係ない。」
神奈月課長「みんなで踊ろう。・・・誕生日の舞を。」
堀口社員「曲ね。何か曲がないと・・・。」
部員たち即興の「誕生日の舞」が始まる。
神奈月課長「はい、はい、はい。はい、はい、はい。」
一同「(それに合わせて)はい、はい、はい。はい、はい、はい。」
おもいおもいの振り付けで踊り出す部員たち。
原口係長「保田 圭。保田 圭。」
堀口社員「だんちゃんです。だんちゃんです。」
はなわ社員「中村です。中村です。中村、中村です。」
最後に神奈月課長の番に。
神奈月課長「ハ~イ!ボーントゥラブユー!」
原口係長「関係ないでしょ!ボーントゥラブって意味が分かんないですよ!」
神奈月課長「(その言葉を聞いて怒り)この野郎~!!」
持っていた短刀を抜こうとする。
一同「わ~っ!!」
ビビル一同。
原口係長「関係ないでしょ。関係ない。」
神奈月課長が刀を抜くと刀のサヤよりもだいぶ短い刀が出てくる。
一同「あ~っ!!短ッ!!」
×  ×  ×
「大エルミタージュ美術館展」の紹介。
×  ×  ×
雑誌を見ながら
はなわ社員「あっ!?課長。何か12月6日ってレコードの日なんですって!」
神奈月課長「誠か?」
堀口社員「誠かって?」
神奈月課長「不覚にも私は先日CDを買ってしまった。」
堀口社員「今。そんなレコードとかじゃないからね。」
神奈月課長「桜塚やっくんのCDを買ってしまった・・・。」
ホリ社員「桜塚やっくんのね。」
神奈月課長「(突然、短刀を持って)イヤ~ッ!!」
堀口社員「やめて!やめて!」
その短刀を堀口社員の胸に刺す。
堀口社員「あ~っ!!」
全員「大丈夫!!」
×  ×  ×
「竹中直人の匙かげん2・そう。」の紹介。
×  ×  ×
原口係長「(雑誌を見ながら)へぇ~。12月7日はクリスマスツリーの日って書いてありますよ。」
堀口社員「クリスマスでもないのにその日が?・・・何でだろうね?」
原口係長「(稲川淳二さんのモノマネで)1886年にですね。日本で初めて横浜でクリスマスツリーが飾られたんですよね。え~。そういう事ってあるんですよね。怖いなぁ~。」
ホリ社員「まあ。クリスマスって言えばクリスマス・イブまでですよね。「WE WILL ROCK YOU」。」
スザンヌさん「時間が経つのって早いですよね。」
神奈月課長「(突然)あぁ!!」
一同「え!?」
神奈月課長「時の流れが早い。うあああーー!!」
また、短刀を持っている神奈月課長。「ブスッ!」はなわ社員の胸を刺す。
一同「大丈夫!!」
今度は原口係長の胸を刺す。「ブスッ!」
原口係長「あ~っ!!」
一同「大丈夫!!」
そして、今度はホリ社員の胸を刺す。「ブスッ!」
ホリ社員「あ~っ!!・・・大丈夫!!」
ホリ社員以外は誰もやらない。
ホリ社員「ちょっとー!!」
×  ×  ×
「WE WILL ROCK YOU」の紹介。
×  ×  ×
堀口社員「いや~。いいな。ギター弾きまくるシーン。あれ、格好いいんじゃない?」
原口係長「(ナイナイの矢部さんのモノマネで)あ~っ。分かりますわ。最高ですね。」
神奈月課長「ウィーウィル。ウィーウィル。ロック・ユー!」
原口係長「和風だな~。」
神奈月課長「カム。オン。」
原口係長「WE WILL 。WE WILL 。ROCK YOU!!」
神奈月課長「ROCK YOU!いや~っ!!(刀を抜く)。」
その刀をギターに見立てて演奏を始める神奈月課長。
神奈月課長「ROCK YOU !」
調子に乗った拍子に自分のお腹を刺してしまう。「ブスッ!」
神奈月課長「ああぁぁーーー!!・・・大丈夫!!」
一同「アハハハ。」
堀口社員「そこでも?」
×  ×  ×
今度はホリ社員が刀をギターに見立てて。
ホリ社員「WE WILL 。WE WILL 。」
刀の刃を上にしていたので指を切ったのか、しばらく沈黙。
一同「アレ?アレ?」
ホリ社員「(自分の指を見ていたが)大丈夫!!」
一同「・・・。」
ホリ社員「すごい空気だコレ。」
原口係長「フリの時点で恥ずかしい。」
神奈月課長「タイミングも恥ずかしい。」
ホリ社員「ホントに死にたいわ。今。」
一同「アハハハ。」



クリックしてね。

にほんブログ村 テレビブログへ
クリックしてね。

d_03.gif
クリックしてね。

スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://terebi.blog38.fc2.com/tb.php/316-151f94b8