上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 2月21日にTBS系で放送している「「チューボーですよ!」(毎週、土曜日、23時30分~24時00分放送)の番組収録の為に都内のスタジオにタクシーで移動中、後続車に追突され頚椎(けいつい)、腰椎、胸椎(きょうつい)捻挫と診断され入院加療していた小林麻耶アナウンサーが、3月10日(土)の情報生番組「王様のブランチ」(TBS系、毎週、土曜日、9時30分~14時00分放送)で元気に復帰した姿を見せました。
 スポーツ紙の報道では、3週間の入院加療ということでしたが、27日には、同局で好評放送中の「世界・ふしぎ発見!」(土曜日、21時00分~21時54分放送)が、3月3日に1000回放送という大事な節目にあると本人の強い希望により収録に参加していました。
 
番組冒頭で、

谷原さん「おはようございます。3月10日、土曜日、王様のブランチ、司会の谷原章介です。」
優香さん「優香です。」
谷原さん「さて、みなさん。今、ちらりと映りましたが、ここ2週間程お休みをいただいていた仲間が、このスタジオに帰ってまいりました。」
優香さん「マヤリンお帰りなさ~い!」
小林アナ「ご心配をおかけしました。本当にありがとうございました。あの・・・先週と先々週の2週間、ブランチをお休みさせていただいて本当に申し訳ありませんでした。今週から元気いっぱいお伝えしてまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。」
優香さん「また、マヤリンの笑顔が見れて・・・」
谷原さん「よかったね。ホッとした。ホッとした本当に!」
小林アナ「ありがとうございます。ご心配をお掛けしました。」
谷原さん「蓮見君がんばってましたよ。ちゃんと。」
小林アナ「そうですね。私も入院先の病院から観てました。はい。本当にすみませんでした。」
谷原さん「じゃあ。早速なんですが、その帰ってきたばかりの小林さんの方からですね。告知の方をよろしくお願いします。」
小林アナ「お任せ下さい・・・。」

kobayashi070310-01.jpg
「王様のブランチ」(2007年3月10日放送より引用)

2週間ぶりの出演に本人も満面の笑みでの復帰となりました。

番組終了間際、番組からのプレゼント告知でのひとコマ。
 復帰早々の4時間30分の生放送が終了するに当たり、番組冒頭でもメインMCの谷原さんが小林アナの復帰を祝うコメントがありましたが、ここでも・・・

谷原さん「でも、本当にお帰りなさい。・・・よかったですね。」
小林アナ「ありがとうございました。・・・仕事が出来るっていいですね。やっぱり。ありがとうございました。」

kobayashi070310-02.jpg
「王様のブランチ」(2007年3月10日放送より引用)

満面の笑みで答える小林アナでした。

番組冒頭、小林アナの爽やかな笑顔のショットから始まるという異例の演出。そして、心温まる共演者の言葉に迎えられて無事に復帰を果たした小林麻耶アナウンサーでした。

次に、これも注目を集めている「チャンネル☆ロック」(TBS、毎週、土曜日17時00分~17時30分放送)での復帰、第一声から・・・

小林・水野アナ「せ~の!こんばんわ!」
小林アナ「3月10日、チャンネル☆ロックの時間です。わたくし、TBS、PR推進室第1秘書の小林麻耶です。そして・・・」
水野アナ「第3秘書の水野真裕美です。」
小林・水野アナ「今週もどうぞよろしくお願いいたします。」
小林アナ「え!?今、何て言った?」
水野アナ「いましま~す。って言いました。ウフフ。」
小林アナ「さあ。みなさま、先週と先々週、チャンネル☆ロックをお休みさせていただいて本当に申し訳ございませんでした。今日から気合を入れて元気いっぱいがんばりますので、どうぞよろしくお願いいたします。」

kobayashi070310-03.jpg
「チャンネル☆ロック」(2007年3月10日放送より引用)

 2つの生番組の放送時間は合わせて5時間。いつもの笑顔で元気一杯な姿に画面から受ける印象では完治しているように見えます。
 しかし、筆者が一番気になるのが「むち打ち症」による後遺症の問題。交通事故による「むち打ち症」と聞くと治療後に予期せぬ後遺症で悩む人が多いと聞きます。
 アナウンサーは、極度に精神的な緊張を強いられる職業。その状況の中で、「今回のような早期の復帰により身体・精神的な負担はないのか?」。後々に「慢性の頭痛など予期せぬ後遺症が出るのではないか?」という不安が残ります。
 今回の早期の復帰は、本人の強い希望もあると思いますがTBSの社内事情もあるようです。
3月と言えば4月の番組改編を控えている大切な時期。スポーツ紙の報道によれば、同局の川田亜子アナが3月23日付けで退社をするということで、同じバラエティ番組を中心に活躍している小林アナが早期に復帰しなければ4月の春の番組改編期に向けてのスケジュール調整に支障が出ることも予想されます。
 また、今年に入って、突然、浮上した小林麻耶アナが「6月にもフリー宣言するのではないか?」という噂も出ているだけにTBSとしては頭の痛いところだと思います。



クリックしてね。

にほんブログ村 テレビブログへ
クリックしてね。

d_03.gif
クリックしてね。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://terebi.blog38.fc2.com/tb.php/384-9493f46a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。