上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「NNNニュースリアルタイム(日本テレビ)」(2007年10月4日放送)
「リアル特集」(18時16分~18時35分放送)から

news071004-07.jpg
「NNNニュースリアルタイム」(2007年10月4日放送より引用)

 10月に入り「いよいよ秋の行楽のシーズンが到来!」ということで、番組では、「秋の行楽地で見つけた!限定!こだわりの激ウマ駅弁」を特集していました。

news071004-08.jpg
「NNNニュースリアルタイム」(2007年10月4日放送より引用)

①「チャーシューめし(680円)※1日限定5食」(江ノ島電鉄 鎌倉駅)

リポーターはパンチ佐藤さん。

 話題の激ウマ駅弁があるということでパンチ佐藤さんが訪れたのは江ノ島電鉄鎌倉駅。お邪魔した時間帯は駅構内は人ごみで溢れていました。限定ということで一抹の不安を抱えて駅の売店へ。

news071004-09.jpg
「NNNニュースリアルタイム」(2007年10月4日放送より引用)

 販売員さんに尋ねると「あります。」とのこと。早速、購入して景色の良い浜辺で試食することに。駅弁の包みを開けると肉厚のチャーシューが3枚。一口、肉厚のチャーシューを食べたパンチ佐藤さんの一言。

パンチ佐藤さん「うめぇ~!!おいしい!うん。この(チャーシューの)焼いてる香りがする。しっかりと。白いご飯じゃないんだね。(一口食べて)うん。味がついてる。・・・これねぇ。チャーシューの味と香りがついてるね。このご飯はウマい!」

しかし、なぜ1日5食限定なのか?

news071004-10.jpg
「NNNニュースリアルタイム」(2007年10月4日放送より引用)

 その理由を解明しようと、訪れたのは駅弁を製造している「株式会社 大船軒」。早速、料理長に直撃します。

パンチ佐藤さん「なんで1日限定5個なんですか?」
料理長「実はですね。全部ですね。1から10まで手作りでやってるもんですから・・・数がそんなに出来ないんですね。」

 このお弁当に限っては料理長自ら1人で全部手作りしているのだとか。チャーシューダレの調合、チャーシューの煮具合、煮たあとの熟成の時間。全てが豚の旨味を最大限に引き出すように計算されています。更に手間のかかる仕事がチャーシューを「直火で炙る」こと。一枚一枚、直火で炙るのは豚の旨味と香ばしさを出すため。

news071004-11.jpg
「NNNニュースリアルタイム」(2007年10月4日放送より引用)

 ご飯はチャーシューダレで炊くことにより炙ったチャーシューとの味のバランスをとっています。ですから、どうしても大量生産できない為、数に限りがあるのです。※土・日は相鉄横浜駅でも3~5個販売。

news071004-12.jpg
「NNNニュースリアルタイム」(2007年10月4日放送より引用)

「大船軒」のHPで確認した情報によりますと「【チャーシューめし】は駅での販売は9月で終了いたします。相鉄横浜売店と江ノ電鎌倉売店は10月14日(日)迄販売いたします。」とのこと、ご興味のある方は「幻の駅弁」になる前にゲットしてください。

②「さんが焼き(790円)※1日限定20個」(JR東日本 内房線 安房鴨川(あわかもがわ)駅)

リポーターは中嶋美年子さん。

 房総の海の幸がふんだんに入っている激ウマ駅弁があるということで、訪れたのはJR東日本 内房線 安房鴨川(あわかもがわ)駅。
 まず、地元の人にリサーチ。街頭でインタビューしてみると、みなさん口を揃えて「さんが焼き」と。
 早速、駅の売店に行ってみますが、お目当ての「さんが焼き弁当」がありません。販売員さんに聞いてみると売り切れとのこと。しかし、追加で入荷するということで・・・程なくして追加のお弁当を持って製造元の社長さんが登場します。お目当ての「さんが焼き弁当」もありました。

news071004-13.jpg
「NNNニュースリアルタイム」(2007年10月4日放送より引用)

早速、購入して駅構内のベンチで包みを開けてみると・・・。

中嶋R「あれ~。お魚じゃない。何かハンバーグみたいのが入ってる。」

疑問を感じつつ製造元の「合資会社 南総軒」を訪ねてみることに・・・

 社長さんに、このお弁当について聞いてみると。・・・このお弁当、実は社長さんが考案したもので郷土の味と手作りにこだわりがあるのだとか。

そこで、中嶋Rが疑問に思っていた、お弁当の名称「さんが焼き」について聞いてみます。

中嶋R「「さんが焼き」って一体どんな料理なんですか?」
社長さん「新鮮なアジやサバに味噌を混ぜて練り状にし小判形に形を整え大葉で包み焼いたのが「さんが焼き」なんです。」

 もともと鴨川はアジやイワシの一大、水揚げ漁港。全国でも指折りの漁獲高を誇ります。特に今の時期はアジは脂も乗って旨いのだとか。
 その新鮮で脂の乗った旬のアジを包丁を使わず手で皮を剥くことにより皮と身の間の旨味が損なわれないといいます。そのアジをショウガ・ネギ・タマネギ・シソ・味噌を加えてタタキます。これが郷土料理の「ナメロウ」です。これをカリッと焼いたものが「さんが焼き」という訳です。

news071004-14.jpg
「NNNニュースリアルタイム」(2007年10月4日放送より引用)

 更にもうひと工夫。タタいたアジの半分はハンバーグにせず直接炒め「そぼろ」にします。そぼろ状にすることで、また違った味わいを楽しんでもらう為です。
 お弁当には、まずアジのそぼろを敷きつめます。それにカリカリに焼いた「さんが焼き」を乗せて出来上がり。包みを開けると弁当全体に房総の磯の香りが漂います。

news071004-15.jpg
「NNNニュースリアルタイム」(2007年10月4日放送より引用)

 中嶋R、購入した「さんが焼き弁当」を手に市内の絶景ポイント「魚見塚展望台」(千葉県鴨川市貝渚3277(一戦場スポーツ公園内))にやってきました。

中嶋R「ここで食べたいと思います。(さんが焼きを一口食べて)結構、味噌の味がしっかりついているんですけども、シソとショウガがフワッと香るんですよ。外側がカリッと焼けてますけど、中はフワッフワッですね。やわらかい。うん。ご飯とそぼろを食べま~す。うん。そぼろになってるとご飯とよく混ざっておいしいですね。1つ1つ粒が大きい贅沢なふりかけがかかってるみたいです。」

(後半に続く)

③「づけは勘八でどうですか(1,400円)」(JR東日本 熱海駅)※金・土曜日、熱海駅新幹線コンコース5~10個、小田原駅新幹線待合室店10個~20個の限定販売。((株)東華軒)

④「日光名物駅弁 けっこうづくめ(1,050円)」※2008年3月17日までの限定発売。(日光鱒鮨(ますすし)本舗株式会社)

 JR東日本、東武鉄道特急列車直通運転一周年記念として地産地消にこだわった日光自慢駅弁という日光市の企画で考案した駅弁。2007年3月18日発売で1年間の期間限定販売です。



クリックしてね。

にほんブログ村 テレビブログへ
クリックしてね。

d_03.gif
クリックしてね。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://terebi.blog38.fc2.com/tb.php/456-f4f3a688
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。