上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フジテレビの新人女子アナウンサーの登竜門、あの伝説の番組が6年の時を経て帰って来ました。

s-pan071015-01.jpg
「ショーパン」(2007年10月15日放送より引用)

 入社1年目の新人アナウンサーに無責任にも全てを任せる登竜門的な番組。2000年のミレニアム入社の千野志麻さんが担当した「チノパン(千野志麻で名字をとって「チノパン」、2000年10月~2001年9月)」、そして、今ではフジテレビの朝の顔とも言える高島 彩アナが担当した「アヤパン(高島 彩で名前の彩をとって「アヤパン」、2001年10月8日~2002年7月13日)」。
 そして、今回は高島アナから6年を経過して担当することになった2007年入社の生野陽子(しょうのようこ)アナです。その名も名字の生野からとって「ショーパン」。
 この番組は、生放送を基本に、毎回、ゲストがプロモーションに訪れるというの深夜のトークバラエティ番組です。※今回は、生放送は月曜日のみで火曜日から木曜日は録画のようです。
 基本、フジテレビの関東ローカルですが、同時ネット放送局は、「岩手めんこいテレビ」「仙台放送 」「テレビ静岡 」があります。
 このブログでは、この伝説的な番組をご覧になれない方の為に、お節介とは思いますがご紹介していきたいと思います。

 新人アナウンサーからしてみれば、初の冠番組で、そのうえ10分間と限られた時間の中で曜日ごとのコーナー企画を進行していかなければならず生放送も含め緊張の度合いは計り知れないものがあります。
 また、毎回、登場するゲストのみなさんが、「タレント」「俳優」「お笑い芸人」「アーティスト」「ミュージシャン」などと多岐にわたっています。それぞれ個性のある方たちとトークをするということは、新人アナウンサーにとって苦労の連続となりますが、その反面、アナウンサーとしての臨機応変な「仕切り」「インタビュー力」や「生放送での俊敏な対応力」などを養成することができます。
 「はたして、生野陽子アナは歴代の先輩と同様にフジテレビの看板アナウンサーとして成長していくのでしょうか?」期待を込めて見守っていきたい思います。

○記念すべき第1回目(10月15日(月)24時50分~25時00分放送)V1スタジオからの生放送。ゲストは、「アヤパン」を担当した「高島 彩アナ」でした。

生野アナの第1声「楽しく笑顔あふれる番組にできるようにがんばります。よろしくお願いします。」

s-pan071015-02.jpg
「ショーパン」(2007年10月15日放送より引用)

 記念すべき第1回目のゲストとして登場したのは、「アヤパン」を担当した高島 彩アナ。

高島アナ「よろしくお願いします。私、意外と緊張しています。」

 テーブルには、お祝い用にシャンパンが用意してあります。

生野アナ「お祝いさせてください。」
高島アナ「はい。分かりました。」

突然、シャンパンの瓶を手渡される高島アナ。

高島アナ「シャンパン?突然?」
生野アナ「「ショーパン」なのでシャンパンなんです!」
高島アナ「そんな・・・あぁ!!」
生野アナ「「ショーパン!」「ショーパン」なんでシャンパンなんです!!」
高島アナ「そんな・・・そんなにうまくないよね。・・・ま、いいか。いいよね。うまいことにしとこうね。」
生野アナ「はい。」

s-pan071015-03.jpg
「ショーパン」(2007年10月15日放送より引用)

 2人でシャンパンの栓を抜こうとしますが、なかなか、うまく抜くことができません。

生野アナ「本当に開かない。」
高島アナ「なかなかいかないね。」
生野アナ「これ、けっこう・・・。」
高島アナ「生放送なんだけどね。」
生野アナ「これ、どうします?」
高島アナ「全国のみなさん!シャンパンは・・・。」

 突然、栓が抜けてびっくりする2人。無事、シャンパンの栓も抜け床に置いてテーブルに着席する2人。

s-pan071015-04.jpg
「ショーパン」(2007年10月15日放送より引用)

 月曜日のコーナー企画「急接近の月曜日」ということで「魔法のタメぐち」。10分間でゲストとお近付きになろうと、敬語や丁寧語を取っ払ってタメ口でトークしていこうというものです。

s-pan071015-05.jpg
「ショーパン」(2007年10月15日放送より引用)

 第1回目は「教えてアヤパン、私が今、心配な事」ということで、これから番組を担当していく上で心配な事を先輩である高島アナに教えてもらいます。

s-pan071015-06.jpg
「ショーパン」(2007年10月15日放送より引用)

第5位「変な事言っちゃったら?」

高島アナ「緊張していたら大丈夫だよ。」

第4位「スタッフとケンカになったら?」

高島アナ「ケンカしたことなから・・・。でも、嫌なことは嫌って言っとかないと、どんどんコスプレさせられるから気を付つけて。この枠のスタッフには気をつけて。」

第3位「くしゃみがしたくなったら?」
第2位「眠くなったら?」
第1位「ゲストがしゃべってくれなかったら?」

時間がなくて聞けませんでした。

s-pan071015-07.jpg
「ショーパン」(2007年10月15日放送より引用)

 最後は、ゲストの方と本当にお近付きになる「超接近のコーナー」でした。狭いBOXの中に入ってゲストの方に感想などを聞くというもの。


○第2回目(10月16日(火)、25時25分~25時35分放送)のゲストは、お笑い芸人の「チュートリアル」さんでした。

○第3回目(10月17日(水)、24時35分~24時45分放送)のゲストは、タレントの「ルー大柴」さんでした。

○第4回目(10月18日(木)、24時35分~24時45分放送)のゲストは、お笑い芸人の「博多華丸・大吉」さんでした。


クリックしてね。

にほんブログ村 テレビブログへ
クリックしてね。

d_03.gif
クリックしてね。






スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://terebi.blog38.fc2.com/tb.php/462-9149e61d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。