上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「いきなり!黄金伝説(テレビ朝日)」(2008年2月21日(木)19時00分~19時54分放送)

 今週も、先週に引き続き「南海キャンディーズ(山里亮太(やまさとりょうた)さんと山崎静代(やまさきしずよ)さん」の2人の「横浜中華街、人気中華まんベスト50を食べ尽くす!」をご紹介します。

先週の時点で第20位まで食べ続けた南海キャンディーズの2人。

第19位「日日華(ひびか)」(神奈川県横浜市中区山下町148) の「えびチリまん(280円)」

i080221-01.jpg
「いきなり!黄金伝説」(2008年2月21日放送より引用)

エビのプリプリ感とチリソースの丁度いい辛さが生地のほの甘さがベストマッチ。

第18位「にぎわい市場りーろん」(神奈川県横浜市中区山下町138 )の「XO醤入りえびまん(300円)」

i080221-02.jpg
「いきなり!黄金伝説」(2008年2月21日放送より引用)

XO醤、オイスターソース、豆板醤などで味付けしています。

第17位「にぎわい市場りーろん」の「いかスミチャーシュー包(パオ)(300円)」

i080221-03.jpg
「いきなり!黄金伝説」(2008年2月21日放送より引用)

香ばしいチャーシューに、タケノコ、小松菜で食感をプラスしています。

第16位「榮興ChangHoo(エイコウ チャン フー)」(神奈川県横浜市中区山下町165)の「餃子まん(300円)」

i080221-04.jpg
「いきなり!黄金伝説」(2008年2月21日放送より引用)

ニラや干しエビなどが入った餃子の餡が入っています。

第15位「北京飯店」(神奈川県横浜市中区山下町79-5)の「五目肉まん(410円)」

i080221-05.jpg
「いきなり!黄金伝説」(2008年2月21日放送より引用)

角切りの豚肉とタケノコなどを煮込んだ餡です。

第14位「四五六菜館」の「五品目野菜まん(6個、1,050円)」

i080221-06.jpg
「いきなり!黄金伝説」(2008年2月21日放送より引用)

チンゲンサイ、タケノコ、マッシュルームが入った野菜餡。

第13位「江戸清」の「チョコル(3個、300円)」(チョコレートまん)

i080221-07.jpg
「いきなり!黄金伝説」(2008年2月21日放送より引用)

チョコチップが生地に練り込んであるほろ苦い皮とカスタードクリームがベストマッチ。

第12位「北京飯店」の「天津包(パオ)(350円)」(キャベツ入り肉まん)

i080221-08.jpg
「いきなり!黄金伝説」(2008年2月21日放送より引用)

豚ひき肉に細切りキャベツを加え食感を良くしたゴマ油が香る肉まん。

第11位「カフェ招福門」の「角煮バーガー(300円)」

i080221-09.jpg
「いきなり!黄金伝説」(2008年2月21日放送より引用)

柔らかくじっくり煮込んだ豚の角煮を挟んだバーガー風肉まん。

第10位「江戸清」の「クルミ入り黒ゴマあんまん(460円)」

i080221-10.jpg
「いきなり!黄金伝説」(2008年2月21日放送より引用)

黒ゴマ餡に柑橘系の香りがほのかに香るあんまん。

第9位「酔仙酒家」(神奈川県横浜市中区山下町216 )の「ニンニク肉まん(280円)」

i080221-11.jpg
「いきなり!黄金伝説」(2008年2月21日放送より引用)

ブタまんをベースにニンニクがたっぷりと練り込まれています。

第8位「招福門」の「大フカヒレまん(300円)」

i080221-12.jpg
「いきなり!黄金伝説」(2008年2月21日放送より引用)

気仙沼産のフカヒレに鶏肉、エビ、野菜がたっぷり入った、あっさり塩味の餡を少し甘めの生地で包みました。

第7位のお店に向う南海キャンディーズの2人ですが、すでにお店は閉店の準備をしていました。今日中に伝説を達成したい2人は、しずちゃんの提案で、7位以降の中華まんをテイクアウトして続行することになります。そこで急遽、中華街のとあるお店をお借りして再開することになります。

第7位「江戸清」の「金華フカヒレまん(500円)」

i080221-13.jpg
「いきなり!黄金伝説」(2008年2月21日放送より引用)

フカヒレに金華ハムの旨味を加えた逸品。

第6位「老維新」の「パンダまん(270円)」(チョコ風味カスタードまん)

i080221-14.jpg
「いきなり!黄金伝説」(2008年2月21日放送より引用)

黒ゴマを練り込んだ生地でパンダの顔を表現しました。中にはほんのり甘いチョコ風味のカスタードが入っています。

第5位「重慶飯店」の「重慶四川まん(2個、700円)」(ピリ辛高菜入り肉まん)

i080221-15.jpg
「いきなり!黄金伝説」(2008年2月21日放送より引用)

豚肉と高菜に四川料理独特の香辛料を効かせた逸品。

第4位「公生和(こうせいわ)」(神奈川県横浜市中区山下町152)の「ふかひれ姿煮まん(1,300円)」

i080221-16.jpg
「いきなり!黄金伝説」(2008年2月21日放送より引用)

豚肉の餡にもフカヒレとエビが入ったタレがちょっと甘めな肉まん。

第3位「翠華(すいか)」(神奈川県横浜市中区山下町78)の「アワビフカヒレまん(2個、1,050円)」

i080221-17.jpg
「いきなり!黄金伝説」(2008年2月21日放送より引用)

アワビとフカヒレを豚肉の餡に加え大きめの皮で包みました。

第2位「日日華」の「角煮まん(400円)」

i080221-18.jpg
「いきなり!黄金伝説」(2008年2月21日放送より引用)

中華街で「角煮まん」の元祖のお店。豚の三枚肉を一口大の大きさに切り、じっくりと煮込みました。青菜がアクセントになっています。

 しかし、「角煮まん」が出てきたところで、「2人にも限界が近づいてきたのか?」角煮まんを前に戦意喪失気味です。それでも2人は食べ続けます。
 1時間かけて角煮まんを食べ終わったところで、さすがに本日はギブタップ。ここで一旦休憩に入り2人の回復を待つことに。そして、翌朝、開店したばかりの第1位のお店に向います。

第1位「江戸清」の「ブタまん(500円)」

i080221-19.jpg
「いきなり!黄金伝説」(2008年2月21日放送より引用)

しっとりした皮に塩味の豚肉餡がぎっしり入ったシンプルな肉まん。




クリックしてね。

にほんブログ村 テレビブログへ
クリックしてね。

d_03.gif
クリックしてね。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://terebi.blog38.fc2.com/tb.php/518-ec083026
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。