上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「中居正広のキンスマ!波乱万丈スペシャル!!」(2008年3月21日(金)21時00分~22時54分放送)

 以前、このブログでも紹介した、お笑い芸人「麒麟」の田村 裕さんの体験を綴った著書「ホームレス中学生」は、今や発行部数が累計で200万部を突破する勢いだそうです。
 今回の「金スマ」は、そんな田村さんが明かす「ホームレス中学生」の知られざる秘話を、再現VTRを交えて振り返るというスペシャル企画でした。
 スタジオでは、再現VTRを観ながらターニングポイントとなるエピソードを語ってもらっていたのですが、当時の光景が浮かんだのか何度も声を詰まらせていた田村さん。小説とは違う映像が魅せる臨場感が、より一層、当時の出来事を鮮烈にしているようでした。

番組後半、物語が終わり、

 ここで、田村さんがホームレス生活をしていたという地元へ、久しぶりに帰るということで、番組では密着させていただくことになります。
 その地元、大阪府吹田市、阪急電鉄「山田駅」で待ち合わせする小林麻耶アナ。程なくして現れた田村さん。

suma080321-01.jpg
「金スマ」(2008年3月21日放送より引用)

田村さん「今日は、ちょっとね。高校の時の恩師に久しぶりに挨拶に行きたいなと・・・。」
小林アナ「そうなんですか。」
田村さん「ちゃんとお礼も言ってないので・・・。」

 今回、田村さんが地元を訪れたのは、高校時代、生きる目的を失っていた時、それを救ってくれた恩師、工藤先生へ感謝の気持ちを伝えに行くためでした。
 その前に、折角、地元へ来たので田村さんの実家を案内してもらうことに・・・訪れたのは・・・

田村さん「出ました。山田西第二公園。」
小林アナ「はい。」
田村さん「これが僕の実家の名前です。・・・マンション名ですね。」
小林アナ「こちらが実家なんですよね?」
田村さん「そうですよ。」
小林アナ「お邪魔しま~す。」
田村さん「こちらでございます。」
小林アナ「うわ~っ!見えました。」

suma080321-02.jpg
「金スマ」(2008年3月21日放送より引用)

田村さん「アハハハ。」
小林アナ「うわ~っ。」
田村さん「出ました。え~っ、これが地元のみなさんから愛される「巻きふん」でございます。」
小林アナ「あ~っ。こちらが「巻きふん」で、いらっしゃるんですね。」
田村さん「「巻きふん」という言葉がホントに似合わない・・・。」
小林アナ「アッ、フフフ。」
×  ×  ×
小林アナ「中に入られますか?」
田村さん「あっ!いいですか?」
小林アナ「はい。」
田村さん「それじゃあ、せっかくなので・・・。」
小林アナ「どこから入るんですか?」
田村さん「一応、僕はここから入るスタイルで・・・。」
小林アナ「そこからが定位置で。」

suma080321-03.jpg
「金スマ」(2008年3月21日放送より引用)

軽やかによじ登る田村さん。

小林アナ「お~っ。おっ!」
田村さん「一応、当時はココが僕の基本的な寝室という・・・。」
小林アナ「そうなんですか。何かやっぱりしっくりきますね。」

suma080321-04.jpg
「金スマ」(2008年3月21日放送より引用)

田村さん「僕もやっぱり懐かしいですね。」

せっかくなので・・・家の中へ小林アナも招待してもらうことに・・・田村さんに手を引いてもらいスベリ台をよじ登る小林アナ。

suma080321-05.jpg
「金スマ」(2008年3月21日放送より引用)

小林アナ「ありがとうございます。おお、すみません。お招きいただいて。おお、凄い。」
田村さん「凄いっすね。」
小林アナ「お~っ!ココで寝てたんですね。・・・ちょっと寝てもいいかな?」
田村さん「もちろん。もちろん。それはもう。」

スベリ台に寝そべる小林アナ。

suma080321-06.jpg
「金スマ」(2008年3月21日放送より引用)

田村さん「これはホントに、これちょっと写メ撮りたいわ!」
小林アナ「うわ~っ!」
田村さん「どうですか?寝てみて。」

suma080321-07.jpg
「金スマ」(2008年3月21日放送より引用)

小林アナ「すっごく静かです。しかも、ひんやりして気持いいです。」
田村さん「アハハハ。」

 昔の生活を懐かしんだ後、いよいよ高校時代の恩師の元へ。感謝の気持ちを伝えに行きます。恩師の家に行く道すがら、

suma080321-08.jpg
「金スマ」(2008年3月21日放送より引用)

小林アナ「先生とお会いするのは、久しぶりですか?」
田村さん「結構、久しぶりですね。」
小林アナ「あ~っ。」
田村さん「あっ!ここですね。」
小林アナ「はい。」
田村さん「こちらです。」

 駅で待ち合わせをしていた田村さんと小林アナ。挨拶もそこそこに当時の思い出の場所に案内してもらいます。その公園にあったスベリ台は、映像で観るとそれほど大きくなく、むしろ窮屈なイメージさえ受けます。
「せっかくなので・・・。」、小林アナも当時の様子を経験しようとスベリ台に登り実際に体験してみます。

 当時の記憶が蘇ったところで、今度は、本日の目的である恩師のところに・・・少し緊張気味な田村さん。インターホンを押すと・・・(その2)に続きます。


クリックしてね。

にほんブログ村 テレビブログへ
クリックしてね。

d_03.gif
クリックしてね。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://terebi.blog38.fc2.com/tb.php/543-7252dd42
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。