上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
oda.jpg
「O・D・A(ODAIBA ANGEL)」(2005年10月18日~)(毎週火曜日25時28分~25時58分)

番組紹介
新人女子アナウンサー3人が“業界を学ぶ”べく、一年生の目線で『テレビの裏側(成り立ち)』を、紹介していきます。3人はエンジェルとなって、プロジェクトチームより出される<指令>に従いながら、いろいろな経験を積んでいきます。(フジテレビ「O・D・A」HPより引用)

miyase01.jpg
(2006年1月17日放送より)

 昨年から、フジテレビで新人アナの養成番組としてスタートした「O・D・A」、昨年入社した3人の中で、やはり「平井理央アナ」は優等生として、また、未熟ながら「遠藤玲子アナ」も着実に成長しています。今まで、ノーマークだった「宮瀬茉祐子アナ」でしたが、今回の放送(1月17日)を観てテレビマン「もしかすると急浮上するんじゃないか?」そんな予感がしました。通常、このような番組は構成上、ひとりは「いじられ」キャラとして番組を盛り上げなければなりません。今週の番組を見る限りでは、「宮瀬茉祐子アナ」が見事にその役を演じ切っています。「これは行ける。」そう直感しましたね。番組後半、補習授業という名目で「ジェットコースターに乗せられ実況する。」という、半ば罰ゲームみたいなことをさせられ号泣する宮瀬アナ。その号泣する姿は決して嫌味でもなく素直な性格が前面に出ていて演出上はバッチリでした。このままの状態で行けば、「斉藤舞子」アナのポジションも夢ではないと思います。(本人がそれを希望しているかは別問題。)

miyase02.jpg
(2006年1月17日放送より)

同期入社が3人という微妙な関係は、担当する番組にも影響してきます。例えば担当するジャンルを区分すれは、大きく分けて「報道」(スポーツ関連を含む)と「バラエティ」に分類されます。当然、ひとりはどっち付かずの状態になります。それは2000年入社組の「千野志麻」アナ「梅津弥英子」アナ、「政井マヤ」アナや2001年入社組、「高島彩」アナ、「福元英恵」アナ、「森本さやか」アナ、そして、2003年入社組、「石本沙織」アナ、「戸部洋子」アナ、「長野翼」アナを見れば一目瞭然です。今のうちに明確なキャラクターを打ち出しておくことが大切です。

ブログランキングにご協力くださ~い。


クリックしてね。

にほんブログ村 テレビブログへ
クリックしてね。

d_03.gif
クリックしてね。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://terebi.blog38.fc2.com/tb.php/55-d0495579
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。