上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「タモリ倶楽部(テレビ朝日)」(2008年5月9日(金)24:15~24:45放送)

※放送された内容を採録して再構成しています。まだ、放送をご覧になっていない方は、最後まで読むと内容が分かってしまいますのでご注意ください。

〇オープニング

ある部屋。(まだ場所は分からず)

タモリさん「毎度、おなじみ流浪の番組、タモリ倶楽部でございます。」

周りを見渡すと、スタッフは食事の真っ最中。

タモリさん「え~っ。ロケ弁。みんな食べてますね。・・・番組のロケは、かならず、このロケ弁が出るんですけども、ロケ弁の良い条件というのは、やっぱり「量が多い。」ということが、まず最初に・・・。」

そこへ乾 貴美子さんが登場。

乾さん「いや、いや。タモリさん!もちろん量も大事なんですけども、もっと大事な条件は、値段ですよ!」
タモリさん「安い方がいいの?」
乾さん「もちろんそうです。ちなみにタモリ倶楽部は、1回、700円ぐらいのお弁当を出しているそうなんですが・・・。」
タモリさん「妥当じゃないですか!」
乾さん「いや~っ。これ、もっと抑えたいところですね!」

tc080509-01.jpg
「タモリ倶楽部」(2008年5月9日放送より引用)

「いや~っ。」劇団ひとりさん、六角精児さん、FUJIWARA(藤本敏史さん、原西孝幸さん)が登場。

ひとりさん「何か。今日、ロケ弁出ないって聞いたんですけど!」
藤本さん「そうですよ。」
六角さん「スタッフさんの分はあるんだけど、あの~、キャストの分は出ないって聞いたんですね。」
ひとりさん「ひどい現場だよ。」
藤本さん「腹ペコですよ。腹ペコ。」
乾さん「今日の審査員のみなさんです!」
一同「あっ!?どうも。どうも。」
タモリさん「何の審査員なの?」
乾さん「今日は、みなさんにロケ弁食べて審査していただこうと・・・。」
タモリさん「もっと安いロケ弁があるというの?」
乾さん「はい。これから作っていこうと思っています。」
タモリさん「いや。「思っています。」って、意気込んでるけど、アンタ、どういう立場・・・。」
一同「アハハ。」
乾さん「制作サイド。制作サイド。」
タモリさん「制作サイドなの?」
N「諸問題により、「現在、700円のロケ弁を500円に抑えることが出来ないか?」という、今回の試み。しかし、穀物や乳製品など、食材の値上がりが相次ぐ今、はたして、この計画はうまくいくのだろうか?」

題して「脱ロケ弁当屋宣言!安くて美味い!地元弁当コンペ(大田区編)」

tc080509-02.jpg
「タモリ倶楽部」(2008年5月9日放送より引用)

〇ロケ弁審査会場(「東京誠心調理師専門学校」(東京都大田区西六郷1-32-4))

tc080509-03.jpg
「タモリ倶楽部」(2008年5月9日放送より引用)

タモリさん「何?脱ロケ弁当っていうのは?」
乾さん「はい。放送業界では、よく使う、所謂、お弁当屋さんではなくて、地元のお店の方にお願いして、お弁当を作ってもらった方が、ロケ弁が安上がりになるんじゃないかと、スタッフが気付いた訳ですよ。」
タモリさん「なるほど!」
乾さん「毎回、いろんな都内でロケをしている番組ですから、テレビ局と同じ豪華なお弁当を出すという訳にはいきません。」
タモリさん「う~ん。」

スタッフ(笑)。

原西さん「それは・・・そうなんですか?」
乾さん「はい。・・・流浪の番組ですからね。・・・ちなみにタモリ倶楽部で、よくロケをやっている場所というのはですね・・・1位が港区。」
タモリさん「これはテレ朝がありますからね。」

「タモリ倶楽部」ロケ地(2007)

1位「港区」・・・・・・・26回(内15回テレビ朝日)
2位「大田区」・・・・・・6回
3位「目黒区」・・・・・・3回
3位「世田谷区」・・・・・3回
3位「千代田区」・・・・・3回

乾さん「そうですよね。2位が大田区なんですよ。・・・という訳で、今回は大田区のお弁当屋さんにお願いして・・・。」
タモリさん「港区にはないの?」
乾さん「物価が高いですから!港区は。」
タモリさん「あっ。そう。」
乾さん「ええ。大田区のお弁当屋さんにお願いして・・・。」
ひとりさん「えっ!?じゃあ。今後は、大田区の方でのロケが増えていくということですか?」
乾さん「そうなりますね。」
藤本さん「ロケ弁に歩み寄りというね。」
六角さん「タモリ倶楽部さんもそうですけど、まだねバラエティさんは良いですよ。ドラマのお弁当はキツイの出ますからね。」
藤本さん「そうなんですか?」
タモリさん「そう?」
六角さん「一回ね。朝「おにぎり」昼「おにぎり」夜「おにぎり」っていうね。」

スタッフ、大爆笑。

六角さん「それで、あの~っ。夜になったら、ある役者さんが「もう沢山だ!」って言って・・・。」

スタッフ、大爆笑。

乾さん「ちなみに「どんなお弁当が食べたいのか。」っていうアンケートをですね。スタッフに採りましたところ。(フリップを出す)こういう結果になりました。・・・まず、ボリュームが欲しいと・・・。」
タモリさん「何も書いてない。」

tc080509-04.jpg
「タモリ倶楽部」(2008年5月9日放送より引用)

乾さん、裏のコピーを読んでしまい、表のフリップの目隠し用付箋をめくるのを忘れてしまい・・・。慌ててめくる乾さん。番組ではナレーションの武田さんが紹介。

「こんな弁当を食べたい!!」

〇ボリュームが欲しい。
〇肉をがっつり食べたい。
〇新鮮なお魚もありかも(女性スタッフ)。
〇濃い味のものを。

乾さん「今回は大田区のお弁当屋さんにですね。500円でお弁当を作っていただきました。」
藤本さん「う~ん。リーズナブル。」
乾さん「名乗りを上げたのは、こちらのみなさんです!」

大田区のお弁当屋さんのスタッフのみなさん。(全員、女性)その中にキャラクターの濃い人が居て、

タモリさん「どっか劇団の人、仕込んだでしょ!?」
乾さん「いや。いや。いや。ちゃんと・・・。」
藤本さん「何かアメリカのアニメのキャラみたいな。」

スタッフ、大爆笑。

そんな一幕もありながら、いよいよ500円弁当のコンペが開始されます。

①「ほかほか弁当Uランチ」(東京都大田区蒲田4丁目1-10)の「幕の内弁当」

tc080509-05.jpg
「タモリ倶楽部」(2008年5月9日放送より引用)

(焼鮭、鶏唐揚げ、シュウマイ、照焼きチキン、卵焼き、ひじき、かまぼこ、煮物(イカ・がんも・こんにゃく・大根・にんじん)、漬物)

②「(有)千葉米店」(東京都大田区西糀谷1丁目23-21)の「お好み弁当」

tc080509-06.jpg
「タモリ倶楽部」(2008年5月9日放送より引用)

(福島県産コシヒカリ、田庄海苔、鶏唐揚げ×2、マカロニサラダ、ミニクリームコロッケ、エビフライ、ピーマンの天ぷら、うの花、漬物)

③「(有)神姫(しんき)」(東京都大田区東蒲田2-20-3)の「ロールステーキ弁当」

tc080509-07.jpg
「タモリ倶楽部」(2008年5月9日放送より引用)

(国産和牛ロールステーキ、煮卵、いんげんと油揚げのごま和え、エビフライ、煮物(里芋、にんじん、椎茸、きぬさや、こんにゃく)、漬物)

④「嫁すし 本店」(東京都大田区大森西6丁目15-15)の「三色丼」

tc080509-08.jpg
「タモリ倶楽部」(2008年5月9日放送より引用)

(サーモン4切れ、漬けまぐろ4切れ、イカの細切り)

以上、4軒の500円弁当です。

タモリさん「これはすごいよね。500円って。それぞれ良いよな。」
乾さん「はい。今、プロデューサーの方からメモが入りまして、「500円で、ここまで豪華なお弁当が作れるとは思いませんでした。であれば、そこそこの内容のお弁当が250円でも出来るのではないでしょうか?ちょっと、見てみたいので、みなさん作ってみていただけませんか?」ということなんですけど、250円?」
タモリさん「250円?」
乾さん「250円は、ちょっと・・・。」
ひとりさん「調子に乗ってますよね。さすがに・・・。」

そこで、企画をやや変更して「250円弁当コンペ」を開催することになります。

①「Uランチ」の「幕の内弁当」

tc080509-09.jpg
「タモリ倶楽部」(2008年5月9日放送より引用)

(ロースカツ1切れ、照焼きチキン、卵焼き、かまぼこ、ミートボール×2、イカの煮物、ひじき、漬物)

②「(有)千葉米店」は、

tc080509-10.jpg
「タモリ倶楽部」(2008年5月9日放送より引用)

(3分の2白米、3分の1赤飯、鶏唐揚げ1個、漬物)

③「しんき」の「ビビンバネギチャーシュー丼」

tc080509-11.jpg
「タモリ倶楽部」(2008年5月9日放送より引用)

(ロールステーキ1切れ、ネギチャーシュー、ナルム、キムチ、ぜんまいの煮付け、錦糸卵、にんじん、温泉玉子)

④「嫁すし」の「イカ丼」

tc080509-12.jpg
「タモリ倶楽部」(2008年5月9日放送より引用)

(イカ5切れ、イカの細切り)

乾さん「いや~っ。びっくり。250円でもいけますね。最初から250円でお願いすればよかった。」

※今回は、番組用に作って頂いたものですので、一般の方のご注文は受け付けておりません。

ひとりさん「こうなったら125円の・・・。」

一同、爆笑。

乾さん「いきますか?」
藤本さん「見てみたいね。」

〇エンディング

タモリさん「今日はロケ先のロケ弁を地元の方々、お弁当屋さんに作っていただこうと、色々と努力していただきました。」
乾さん「そこで、まあ。みなさんのお手元にお店の名前が書かれたカードがございますが、今後、タモリ倶楽部が大田区内でロケをする場合に、永久にロケ弁を受注できるという受注権は、どちらのお店に渡るのか?」

tc080509-13.jpg
「タモリ倶楽部」(2008年5月9日放送より引用)

タモリさん「こんな権利書あるの?」
ひとりさん「仰々しいな。何か。」
乾さん「ま!でも、一応、札をひとつのお店に絞って・・・。」
タモリさん「いや~っ!これ難しいね。これ。」
乾さん「じゃあ。お店の方に最後のPRをしていただきましょうか?」
一同「・・・・・。」
乾さん「いらない・・・?」

tc080509-14.jpg
「タモリ倶楽部」(2008年5月9日放送より引用)

一同、大爆笑。

タモリさん「あんた、植木等さんみたいな・・・。」
一同「お呼びでない?」
乾さん「(みなさん)迷ってるから・・・。」
藤本さん「迷いますよ。やっぱりね。みんな一生懸命作ってくれたんですから。」
タモリさん「迷ってんならキャラで決めたらどうかなって、何を言うんだよ。」
原西さん「アハハハハ。」
藤本さん「キャラで決めたら、もう・・・。」
タモリさん「決まってるって。」
ひとりさん「「第一印象から決めてました。」って。」
タモリさん「これローテーションで!「今回はこれ。」「今回はこれ。」って、やった方がいいんじゃないの?それぞれ食いたいもん。」
ひとりさん「(タモリさんに)「特に決めない。」っていう着地でいいですか?」

スタッフ、大爆笑。



クリックしてね。

にほんブログ村 テレビブログへ
クリックしてね。

d_03.gif
クリックしてね。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://terebi.blog38.fc2.com/tb.php/563-c8bb279f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。