上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「Oha!4(日本テレビ)」(2008年7月2日(水)放送)
「ハヤmimi」(4時23分~4時27分放送)から

oha080702-001.jpg
「Oha!4」(2008年7月2日放送より引用)

ホットな耳寄り情報をお伝えするコーナー。

中田さん「さぁ!脊山さん。「たい焼き」は、好きですか?」
脊山アナ「大好きです!」
中田さん「実は、おなじみの「たい焼き」が、今、再びブームになっているというんです。」

ナレーションは、中田有紀さん。

①「たいやき神田達磨」(東京都千代田区神田小川町2-1 日米商会ビル1階)(2007年12月オープン)

oha080702-002.jpg
「Oha!4」(2008年7月2日放送より引用)

「薄皮たい焼き 粒あん(140円)」

oha080702-007.jpg
「Oha!4」(2008年7月2日放送より引用)

N「東京、神田にある「たい焼き」屋さん。毎日、行列ができるほど人気のお店です。」
店主「(1日およそ)だいたい2,000個くらい。多い時は3,000個。(売れます。)」

その人気の秘密は?

作っているところに、特に変わったところはありません。

oha080702-003.jpg
「Oha!4」(2008年7月2日放送より引用)

焼き上がった「たい焼き」を見るとつながっています。

oha080702-004.jpg
「Oha!4」(2008年7月2日放送より引用)

それを、包丁で切ると「サクッ」「サクッ」と食欲をそそる良い音がします。

oha080702-005.jpg
「Oha!4」(2008年7月2日放送より引用)

女性「(一口食べて)おいしい!」
男性「まわりがカリカリしていて、中がフワフワしていておいしいですね。」

どうやら、「たい焼き」のまわりのハネの部分の食感が、アクセントになっているようです。

では、ハネをカリカリにきれいに焼く為の方法とは!?

N「この、まわりの部分まできれいに焼く為に開発されたのが、電気を使った「たい焼き」を焼く機械。」

oha080702-006.jpg
「Oha!4」(2008年7月2日放送より引用)

店主「ガスで焼くと、まわりのハネの部分がこげて食べれなくなっちゃいます。」
N「電気を使うことで、全体にムラなく均一に、しかも早く焼けるそうなんです。このサクサク感が人気の秘密だったんですね。また、中のアンコもおいしいと評判なんです。」

②「たいやきの夢」(2007年12月オープン、毎週土曜日のみ、「東十条商店街、コモディ・イイダ」(東京都北区東十条3-1-15)店頭にて営業中)

oha080702-008.jpg
「Oha!4」(2008年7月2日放送より引用)

「白いたいやき 120円」「抹茶たい焼き 140円」「抹茶白玉たい焼き 160円」「たいやきのゆめ   1,000円(1日5個限定)」

※特注の巨大な型を使用。アンコの量は普通サイズの8倍。

N「一方、こちらでも話題の「たい焼き」がありました。それがこちら。一見、普通の「たい焼き」。でも、、その大きさは、普通ではありません。」

oha080702-009.jpg

oha080702-010.jpg
「Oha!4」(2008年7月2日放送より引用)

脊山アナの声「え~っ!?大きい!」
N「なんと大人の顔よりも大きいんです。大きいだけに焼くのも大変です。あんこの量は、なんと通常の8倍。30分かかるということで、1日5個限定の販売になっているんです。」

oha080702-011.jpg
「Oha!4」(2008年7月2日放送より引用)

店主「大きい「たい焼き」があったら、面白いなと思ったんですよ。・・・「ないから自分で作ってみようかな。」みたいな。」

oha080702-012.jpg
「Oha!4」(2008年7月2日放送より引用)

N「大きい「たい焼き」を食べたいというご主人が、ご自分の夢を叶える為に、お店を始めたそうです。」

③「金魚焼本舗」(神奈川県横浜市中区山下町97番地4「中華食祭広場 横浜大世界」)

oha080702-014.jpg
「Oha!4」(2008年7月2日放送より引用)

「つぶアン金魚 150円」100%北海道産あずきを使用。甘さ控えめの糖度47度 。
「中華ごまアン金魚 180円」老舗中華あん専門店の味。
「カスタード金魚 170円」タマゴ&生クリームを贅沢に使いました。
「モダン金魚 210円」中にはキャベツ・焼きそば・ベーコン。 その真ん中にはソースとマヨネーズが入っています。

N「また、こちら横浜では、中華街ならではの「たい焼き」がありました。早速、買ってみると・・・何と、その形は「金魚」。

oha080702-013.jpg
「Oha!4」(2008年7月2日放送より引用)

 先月(2008年6月7日)、オープンしたばかりのお店ということなんですが、なぜ「金魚」なんでしょうか?」
店長「中国では(金魚は)金運の象徴とされているんですね。」

oha080702-015.jpg
「Oha!4」(2008年7月2日放送より引用)

N「そう。中国では、日本と違って「金魚」が縁起物なんだそうです。「たい焼き」ブーム再来で、次々とオープンするお店。そんな中、あの伝説の歌がCDとなって再発売されました。」

ところで・・・

N「この歌には、モデルになった人物がいるって、みなさん知っていましたか?その人物がいるお店がこちらです。」

oha080702-016.jpg
「Oha!4」(2008年7月2日放送より引用)

④「浪花家総本店」(東京都港区麻布十番1-8-14)

oha080702-017.jpg
「Oha!4」(2008年7月2日放送より引用)

「たいやき」(2個入り 310円、3個入り 450円、6個入り 840円、10個入り 1,400円 )

N「お店の奥へ奥へ入っていきますと・・・いらっしゃいました。この方がモデルになった三代目店主。確かに似てますよね。
実は、こちら、元祖「たい焼き」のお店としても有名なんです。」

三代目店主「私の親父の兄貴・・・伯父ですね。それが「たい焼き」を、自分で考案して始めたのが明治42年(1909年)の9月です。はい。」

N「何と「たい焼き」発祥のお店だったんですね。現在でも、当時の焼き方を守り続けているんです。ひとつひとつを丁寧に焼いていく「一丁焼き」という手法。

oha080702-018.jpg
「Oha!4」(2008年7月2日放送より引用)

N「およそ100年間、その味も、そして人気も変わらず守り続けているんです。みなさんも人気の「たい焼き」おひとついかがですか?」

oha080702-019.jpg
「Oha!4」(2008年7月2日放送より引用)

スタジオに戻って

脊山アナ「もう、ほっぺが落ちちゃいそうで早く食べたいんですが?あの大きいやつ。」
中田さん「スタジオにはね。ちょっと重くて持ってこれなかったので、是非、お店に行って・・・。」



クリックしてね。

にほんブログ村 テレビブログへ
クリックしてね。

d_03.gif
クリックしてね。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://terebi.blog38.fc2.com/tb.php/588-c50bb8ee
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。