上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「めざましどようび(フジテレビ)」(2008年11月8日(土)放送)
「デキ-カタ」(7時37分~7時43分放送)から

 今年も「B級グルメ」の祭典、「第3回 B-1グランプリ 久留米大会(東町公園、三本松公園、両替町公園にそれぞれ8団体が出展)」が、11月1日(土)、2日(日)に福岡県久留米市で開催されました。
 今年は「厚木シロコロ・ホルモン」がグランプリを獲得しましたが「めざましどようび(フジテレビ)」の好評企画「デキ-カタ」で、その舞台裏を放送していましたのでご紹介します。

(番組でのナレーションは、杉崎美香さんでした。)

〇会場メインステージ

会場MC「今回のゴールデングランプリ!「厚木シロコロ・ホルモン」!!」

md081108-01.jpg
「めざましどようび」(2008年11月8日放送より引用)

「鎧」「兜」を身につけた武者に扮した代表者が、手を高々と挙げ喜んでいます。

N「今月(11月)、1日と2日に行われたB級グルメ全国一の座を競う「B-1 グランプリ」。全国24都市から出展されたB級グルメの中で、見事、グランプリに輝いたのは、神奈川県の「厚木シロコロ・ホルモン」でした。今や「B-1グランプリ」を制すると、ご当地グルメでの「街おこし」に繋がるといいます。
 そこで、今週は「B-1グランプリ」にかける、ご当地B級グルメの「デキ-カタ」。」

N「厚木の「シロコロ・ホルモン」とは、どういうものなのか?早速、地元、神奈川県厚木市を訪ねました。」

男性スタッフが街中を探していると・・・

「豚肉料理 ぶたくん家(神奈川県厚木市旭町1-22-22コジマビル1F)」大好評メニュー「白コロ・ホルモン ちげ鍋」厚木名物 1人前 1,500円、の看板を発見。
その他にも街のあちらこちら(「鬼の家(おにのや)(神奈川県厚木市中町4-16-6)」「ホルモン亭 大ちゃん(神奈川県厚木市寿町1-6-4)」)に「ホルモン」の名前を発見。

md081108-02.jpg
「めざましどようび」(2008年11月8日放送より引用)

現在、厚木市内には「ホルモン焼き屋」さんが、50軒以上あるといいます。

N「現在、厚木市内では、ホルモン焼き屋さんが50軒を超えます。厚木市は、戦後、養豚業が盛んになりました。その為、新鮮なホルモンが入手しやすく「シロコロ・ホルモン」は、庶民の味として60年以上も前から親しまれた定番メニューだといいます。」

その中の一軒、ホルモン焼「千代乃」(神奈川県厚木市飯山3136-2)に入っていく男性スタッフ。

N「ちなみに「シロコロ」の「シロ」とは、豚の大腸のこと。これを炭火でじっくり焼き上げると「コロコロ」とした丸い形になることから「シロコロ」というネーミングに。その食べ方は、お店ごとのこだわりの「みそダレ」につけていただきます。」

md081108-03.jpg
「めざましどようび」(2008年11月8日放送より引用)

男性スタッフ「(一口食べて)うん!噛んだ瞬間に、脂の旨味が口の中にすごく広がりますね。」

N「それでは、「シロコロ・ホルモン」の「デキ-カタ」開始!」

N「今回、グランプリを手にしたのは、2年前、地元のボランティアで結成された「厚木シロコロ・ホルモン探検隊」の11名。その中心メンバーの1人、小野塚さん。ホルモン焼き屋さんではなく、ピーナツ屋さんなんです。」

※「厚木シロコロ・ホルモン探検隊

神奈川県厚木市商店会連合会
〒243-0013 神奈川県厚木市泉町1番1号
(小田急本厚木ミロード内)

小野塚さん「食文化を通じての街づくりを目指してます。、地元の商業者たちが、段々、元気がなくなって来ていますので、それを何とかして元気づけるという意味もありますね。」
N「厚木市の小売業の事業者数を見てみると、確かに、ここ数年、減り続けているのが分かります。」

md081108-04.jpg
「めざましどようび」(2008年11月8日放送より引用)

〇街おこしの効果は?

N「では、過去、2大会(06、07)で二連覇している静岡県の「富士宮やきそば」は、大会に優勝したことで「街おこし」としての効果はあったのでしょうか?」

富士宮やきそば学会」渡辺さん

渡辺さん「最初は、あの~。市内や県内のお客さんが中心だったものが、首都圏から来たりとか、関西から来たり、遠くの人にも認知されるということにも繋がっていますね。」

N「何とグランプリを獲った平成18年度から「富士宮やきそば」を食べに来た観光客の数は、急激に増えています。

md081108-05.jpg
「めざましどようび」(2008年11月8日放送より引用)

★ここで一口メモ

 折しも「「ぷっ」すま(テレビ朝日)(毎週、火曜日、23時15分~24時10分放送)」の「新企画「スケ超ローカル「富士宮」ガイド(前編)(2008年11月18日放送)ゲスト、眞鍋かをりさん・木下優樹菜さん」、「新企画「スケ無責任の旅」 「富士宮」ガイド(後編)(2008年11月25日放送)ゲスト、眞鍋かをりさん・木下優樹菜さん」で、「富士宮やきそば」が登場していました。
 映像を観ていると「B-1グランプリ」、2年連続の覇者だけあって美味しそうでしたね。参考までに「富士宮やきそば」として使用される麺は、原則として市内にある3つの製麺会社の商品のみとなっているそうです。

①「(有)マルモ食品工業」(静岡県富士宮市弓沢町235)
②「(株) 叶屋(かのうや)製麺工場」(静岡県富士宮市宝町15-16)
③「(有) 曽我めん」(静岡県富士宮市上井出1349-2)

〇楽天オンラインショップ

「2008年10月累計販売なんと12000食突破!テレビ「ぷっすま」登場!B-1グランプリ 送料無料★元祖!富士宮やきそば」


話は「厚木シロコロ・ホルモン」に戻って・・・

しかし、今回の大会で「厚木シロコロ・ホルモン」には、ある問題が・・・。」

小野塚さん「生じゃ、おっかない(危険)もんで・・・ですから火を一度、通したものを持っていきます。」
N「厚木市内では、新鮮なホルモンが手に入る為、生のホルモンを、直接、網焼きにして調理します。ところが、会場となった福岡県久留米市までは、生のホルモンを運ぶには鮮度が保てません。そこで、一度、茹でることにしたのですが・・・。」
小野塚さん「多少、脂がおちますんで、ですから、(出来れば)是非、厚木に来て生のホルモンを食べていただきたいと。」

md081108-06.jpg
「めざましどようび」(2008年11月8日放送より引用)

N「続いては「みそダレ」作りです。」

〇「みそダレ」作り

小野塚さん「地域的によって、あの~。お客さんの味の好みっていうのは、若干、違いますので、今回はちょっと少し濃いめに作ってみました。」
N「大会の会場となった福岡県久留米市の人たちは「どのような味付けを好むのか?」小野塚さんは、現地で聞き込み調査を行い、新たに「B-1グランプリ」専用の「みそダレ」を考えたんです。」

md081108-07.jpg
「めざましどようび」(2008年11月8日放送より引用)

N「さあ、それでは最後は調理法です。」
小野塚さん「これがドラム缶で作った焼き台です。いっぺんに5kg、50人前の「シロコロ・ホルモン」が焼けます。」

md081108-08.jpg
「めざましどようび」(2008年11月8日放送より引用)

N「たくさんのお客さんに食べてもらう為には、短時間でたくさんのホルモンを焼き上げなくてはなりません。そこで、巨大網焼き器を5台用意し、一度に250人前を焼き上げられる体制に。こうして「B-1グランプリ」に優勝。」

md081108-09.jpg
「めざましどようび」(2008年11月8日放送より引用)

N「「厚木シロコロ・ホルモン」が完成したんです。」

md081108-10.jpg
「めざましどようび」(2008年11月8日放送より引用)

〇街づくりへの思い

小野塚さん「厚木飛行場じゃなって「厚木シロコロ」の厚木市だと、これからは、声を大きくして言いたいと思います。」



クリックしてね。

にほんブログ村 テレビブログへ
クリックしてね。

d_03.gif
クリックしてね。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://terebi.blog38.fc2.com/tb.php/605-7ab603bb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。