上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ちょっとブレイク第2弾ということで、以前、企画として出しボツとなったものを、今回、特別にご紹介いたします。内容は少し刺激的かもしれませんのでご注意ください。

「OLブログ日記」

これも、2005年、「電車男」がブレイクしたので、それに関連のあるキーワード「電車」「ブログ」を元に企画されたものです。(映画「痴漢男」とは関係ありません。)

★物語のあらすじ★

「SEXって相性があるんです。」こんな書き出しで始まったブログの作者は、都内の商社に勤めるOL「あすか」。
彼女のブログはとても過激な書き込みで人気があった。
このブログを見ている誰もが彼女との出会いを夢見ていた。
「どんな女だろう?」このブログを見ている者の妄想は日ごとに膨らみ衝動を抑えきれなくなっていた。
中には、ブログの情報を元に彼女を探すものまで現れる始末だ。
「どうして、あすかは過激なブログを書くのか?」それには理由があった。
まだ入社して間もない頃、通勤途中の電車の中で痴漢に遭ってしまったことがあった。このときに、いままで眠っていた不思議な感情に目覚めるあすかだった。その人の顔も名前も知らない。ただ、体だけが覚えている。
しかし、それ以降、あすかの前にあの男はなかなか現れれなかった。
どうしてもあの感触を忘れることの出来ないあすかはその思いをブログ日記にぶつけていたのだ。
「あなたに逢いたい・・・。」

(中略)

ブログ日記は、あの時の「電車男」も見ていた。
エスカレートするブログの書き込みに衝動を抑えきれなくなった男は、あのときのようにあすかに接触するのだった。
「あの時の感触」やっとあの人に巡り逢えた。
あすかは身悶えながらも男の衝動を感じていた。
しかし、行為が終わったときに男の姿はなかった。
「やっと巡り会えたのに」

(中略)

あすかは最後の手段としてブログに「電車男」へメッセージを送った。
「12月24日のクリスマスイブの日に逢ってくれますか?」
クリスマスイブの日、待ち合わせ場所にその男は現れた。
「電車男さん?」
「やっと、会えましたね。」
初めて会ったようには見えない二人。
クリスマスで賑わう町並みを少し歩いた。
「寒いですね。どこか、入りましょうか?」

(中略)

2人はシャンパンを飲みながらクリスマスのイルミネーションで輝く東京の街を眺めていた。
いつまでも・・・。
出会いは決してすばらしいものではなかったけれど、自分にとっては一番幸せなことだということはあすかには十分過ぎるほどわかっていた。

「ボツ企画シリーズ」は機会がありましたら、また、ご紹介いたします。くれぐれもAVではありません?ので。

ブログランキングにご協力くださ~い。


クリックしてね。

にほんブログ村 テレビブログへ
クリックしてね。

d_03.gif
クリックしてね。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://terebi.blog38.fc2.com/tb.php/73-7b6f8e3d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。