上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.03.06 トルコライス
060305-01.jpg
「晴れたらイイねッ!Let`sコミミ隊」(2006年3月5日放送より)

フジテレビ、毎週、日曜日、7時00分~7時30分に放送している30分番組です。
2006年3月5日(日)放送の第579回「深沢隊長の世界の麺シリーズ(3)長崎名物ちゃんぽんを究める!」
出演は隊長、深沢邦之さん(Take2)、隊員、政井マヤ (フジテレビアナウンサー)、隊員、斉藤舞子(フジテレビアナウンサー)。

番組構成内容
(1)ちゃんぽんの語源 (2)豪華食材、ゲット! (3)歳をとっても、勉強、勉強!

「今回コミミ隊は、ちゃんぽん発祥の地・長崎で真のちゃんぽんを究める!地元の人気店をハシゴ! 本場の味を食い尽くす! 長崎中をめぐって、今が旬の新鮮高級食材を厳選します!! 誰も見たことがない、長崎名物てんこ盛りのちゃんぽんの味とは!? 深沢隊長の世界の麺シリーズ、長崎ちゃんぽん! 果たして、どんな究極オリジナルちゃんぽんが出来上がったのかー!??(フジテレビ「晴れたらイイねッ!Let`sコミミ隊」公式HPより引用)」

※番組の詳しい内容はフジテレビ「晴れたらイイねッ!Let`sコミミ隊」公式HPをご参照ください。

今回の企画「ちゃんぽん発祥の地・長崎で真のちゃんぽんを究める!」を受けて
そのエキゾチックタウン「長崎」には「まだ不思議な食べ物がいっぱい」ということで、今回の「日本全国B級グルメ」は、長崎が発祥の地と言われる「トルコライス」についてお話してみたいと思います。

この「トルコライス」の起源については、諸説あり、筆者も出来る限り調査いたしました。
また、日々、進化を遂げる「トルコライス」を現在も精力的に取材されています「トルコライス マニアック」の神崎 貴彦さんにもご意見を伺いました。
 まずは、「トルコライス マニアック」神崎氏の「トルコライス」の基礎知識から

kaneko.jpg
昔のスタイルを守っている「レストラン金子のトルコライス」(1,000円・コーヒー付)

トルコライスとは?
「トルコライス」という料理を知っていますか?楕円形、または円形の皿(プレート)の上に、下記の物を盛った料理の事です。

1.ドライカレー(またはピラフ・チャーハン)
2.トンカツ(またはチキンカツ等の肉)
3.スパゲティ(ナポリタンである事が多い)
(4.場合によってはコレにサラダが付く)

(トルコライス マニアック」より引用)

ここからは、筆者の推測と仮説です。

「トルコライス」の起源と名称の由来について

諸説ありますが、「ビストロ・ボルドー」のHP、マスターの娘さんの証言から

マスターが、神戸の米軍将校クラブ「シルバーダラ」に勤めている頃に考案されたもので
(1)「冷ご飯を焼き飯にして出すのに外人さんの手前、トルコ国の「ピラウ」炊き込みサフランピラプに似せて考案した料理」
(2)「次におかずが欲しいとの事で「スパゲティー」と「とんかつ」を添えて出した。」

と述べておられるように「トルコライス(風)」の起源と名称の由来はここから来たのではないでしょうか?

(1)諸説ある中で、「長崎説」、「神戸説」起源はどちらか?
 神戸が発祥の地という説は、当時の米軍将校クラブ「シルバーダラ」がどのように存在していたのか不明ですが、考案者の「ビストロ・ボルドー」のマスターがそこに勤務していたことは事実であり、そのレシピを当時の同僚または親交のあった神戸の料理人に伝授していればメニューとして存在している可能性はあります。
 しかし、「マスターが昭和33年に長崎に来て軽食喫茶「仔馬」(諸説ある名称だと喫茶レストラン「メーソン仔馬」オーナー北原路子氏)に勤めていた頃、「レストラン丸善」のチーフ、松原氏と友達になり、松原氏が入院中に経営者に「面白い料理は無いか?」と聴かれて「トルコライス」を教えたのが始まり。」と書かれているので、その可能性は極めて低いと考えます。(「ビストロ・ボルドー」のマスターが長崎に来てからの勤務先、小江原病院調理・軽食喫茶「仔馬」・ステーキハウス「泉」・レストラン「マルゼン」・結婚式場「ロイヤル」・レストラン「アルペン」)
 その後、松原氏が退院され、「レストラン丸善」のメニューに「トルコライス(風)」が載ることになりますが、当時、出されていたものとは「ドライカレーとスパゲティーが半分づつに成り、とんかつが一枚載せられ、カクテルソースとデミグラスソースか掛けられたもの。」でした。
 確認できませんでしたが、「ビストロ・ボルドー」のマスターがレストラン「マルゼン」に勤務していたことが事実であれば、この時に長崎での「トルコライス」の原型が完成した可能性はあります。

(2)「トルコライス」なのにトンカツを使っていること
 また、特徴的なのは、日本に入ってきた西洋料理が、牛肉やヒツジの肉を使うのに対して、この「トルコライス」は日本風にアレンジしたときに、比較的、癖のなかった「豚肉」に代用されていった経緯があります。その背景は文献(注1)からも「さすが長崎の豚肉は江戸の豚肉とは大いに異なり美味にして柔らかなり」「中国、オランダ人のために豚を土地の人達が長年飼育に勤めたからであろう」とあるように、長崎では、古くから養豚技術が発達していて良質の豚肉が入手できたことにあります。
このことが、「トルコライス」にトンカツがのっていた所以ではないでしょうか。

bold.jpg
原型と言われている「ビストロ・ボルドーのトルコ(風)ライス」(1,050円)

 確かに、「トルコライス」は長崎の地で進化を遂げた食べ物であり、それぞれが融合しあうことにより日々成長を遂げていったのでしょう。これ以上の詮索はかえって「野暮」かもしれません。
 今ではポピュラーな食べ物となっていますが、分類としては何になるのか?「洋食」それとの「軽食」いや「長崎の郷土料理」か?西洋と日本が癒合した「食べ物」か。今では「喫茶店」「洋食屋」「レストラン」「弁当屋」を問わず、どのお店でもメニューに必ず載っています。
 まさに、エキゾチックタウン「長崎」で誕生したというだけあって謎に包まれた「食べ物」でした。

 内容は筆者の推測と仮説によるものです。神崎氏によれば、今だ「トルコライスの発祥・由来に関しては、ハッキリとした証拠が見つかっていない。」「最も有力だと言われているボルドーのマスター説も、松原さんがそのように言っている所を私は聞いた事がありません。」とのこと。定説となる「起源と名称の由来」は不明のままです。

(注1)
「株式会社みろく屋」の通信販売誌「味彩」の長崎開港物語「長崎料理ここに始まる」(長崎純心大学、長崎学研究所 越中哲也氏)より一部、引用しました。

掲載しています写真は「トルコライス マニアック」(神崎 貴彦)氏より許可を頂いております。また、貴重なご意見を頂きまして大変感謝しております。

ブログランキングにご協力くださ~い。


クリックしてね。

にほんブログ村 テレビブログへ
クリックしてね。

d_03.gif
クリックしてね。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://terebi.blog38.fc2.com/tb.php/85-f92b68c2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。