上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
060325-001.jpg
「銀幕会議」(2006年3月25日放送より)

女子アナウンサーのコラムが続きますが、今回も、「女子アナ」ネタです。
フジテレビ、毎週、土曜日、深夜に放送している「銀幕会議」(予告編にこだわった番組)は2005年10月より放送を開始して早いもので半年が経過しました。
今回、予告座の「もぎり」の平井理央アナが、卒業ということで、2006年3月25日(土)(25時45分~26時15分)放送より

060325-002.jpg
(2006年3月25日放送より)

(1)最新劇場映画予告編
①「プロデューサーズ」(配給、ソニーピクチャーズエンタテイメント)
②「ファイヤーウォール」(配給、ワーナー・ブラザーズ映画)
③「「ナイチンゲーロ(邦画)」(配給、アドギヤ)

(2)次に、予告編ディレクター、池ノ辺直子さん(予告編職人集団、バカ・ザ・バッカ、代表取締役社長)が登場して、ジョニー・デップの最新作「リバティーン」のアメリカ版と日本版の予告編を見比べて語り合いました。

(3)続いて「銀幕ニュース」

平井アナが映画「ワンピース、カラクリ城のメカ巨兵」のナレーションに挑戦ということで、その舞台裏をちょっと紹介していました。

(4)本日の予告座の一押し「リバティーン」の特別予告編を上映。

(5)名作映画予告編

060325-003.jpg
(2006年3月25日放送より)

平井アナ「さ、今夜の作品は、1989年に公開されたジュゼッペ・トルナトーレ監督、この作品「ニュー・シネマパラダイス」です。やった~っ。」
佐野館主「力入ってるね。」
平井アナ「はい。ちょっと、ごめんなさい。今日はテンション高く、このコーナー紹介させていただきます。うれしい。これ、もう、わたしのナンバーワン。」

ニュー・シネマパラダイスの予告編を上映。

平井アナ「ありがとうございます。いや、本当にうれしかったです。」
佐野館主「なんか、予告編だけで泣けてきちゃう。」
平井アナ「いろんなタイミングで観たい映画だな。というのが、わたしの大好きな理由のひとつですね。」

(中略)

平井アナ「実は、あの館主。いいいですか。わたし実はですね、この3月いっぱいで予告座を辞めさせていただきたいのですが。」

思わず佐野館主、椅子からずり落ちる。

佐野館主「じゃあ、予告座はどうしたらいいの?」
平井アナ「予告座は・・・。」
池ノ辺さん「次は、わたしやります?よろしくお願いします。(笑)」
佐野館主「でも、寂しくなりますわ。」
平井アナ「あっと、いう間でしたね。なんか・・・うん。(しんみり)」
入江さん「あの、予告座のお客様に「もぎり」の方からご挨拶を何か。」
060325-004.jpg
(2006年3月25日放送より)

平井アナ「はい。予告座(ここで声が詰まる。)みなさん。えーっ、半年間、「もぎり」をやってきて、本当に楽しかったです。大好きな映画に係われるお仕事、ちょっとでも、出来て、本当に楽しい半年間でした。えーっ、わたしは4月からいなくなりますが、予告座を今後ともよろしくお願いします。」
佐野館主「ありがとうございました。お疲れさまでした。」


番組改編期には、良くある光景ですが、恒例の最後の挨拶では、平井アナ、声を詰まらせていました。放送開始から担当して6ヶ月、平井アナは「初代もぎり」として卒業して行きます。
 幸運にも入社1年目で話題の番組を担当できて、平井アナのアナウンサー人生にとって色々とプラスになることがあったに違いありません。巷で、揶揄されながらも、精一杯走り抜けてきました。4月からは、「すぽると!」(フジテレビ、深夜、大人気のスポーツ情報番組)に集中することになりますが、この経験を生かして更なる活躍を期待しております。
また、この「銀幕会議」4月以降も放送されますが、平井アナが番組開始とともに作り上げた雰囲気があるので、後任の「もぎり」は、最初は苦労すると思います。

※内容は、放送されたものを、採録して再構成しています。

ブログランキングにご協力くださ~い。


クリックしてね。

にほんブログ村 テレビブログへ
クリックしてね。

d_03.gif
クリックしてね。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://terebi.blog38.fc2.com/tb.php/99-e7bd9226
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。